2015年02月20日

看板女優89歳、平均年齢75歳の高齢者劇団「さいたまゴールド・シアター」のドキュメンタリーを観る。

BSでたまたま観た。
蜷川幸雄が主宰しているさいたまゴールド・シアターの『鴉(からす)よ、おれたちは弾丸(たま)をこめる』のパリ公演成功までのドキュメンタリー番組だ。

さいたまゴールド・シアター@.png
蜷川幸雄とさいたまゴールド・シアターの団員たち。

ただの劇団の話ではない。
最高齢88歳の看板女優を中心とした平均75歳の劇団である。10年前に蜷川監督が、演じる主体、演劇の発信者としての高齢者という視点で作った劇団だ。それから10年経ち、俳優たちはそれぞれに年齢を重ねたが、生きるエネルギーは凄まじい。セリフは覚えられない、スムースな動作が難しい、耳は遠いとそれぞれに老化はみえるが、そういうのはどうにでもなると監督はせせら笑う。問題なのはどのように演じるかということ。「年齢を重ねた人々が、その個人史をベースに、身体表現という方法によって新しい自分に出会う場を提供する」というのがコンセプトである。

施設にいるにせよ、自宅で暮らしているにせよ、残った人生を数えるような生活を送っている高齢者をみている私にとって、それはまるで違う高齢者の世界だった。老いの象徴である白髪は、エネルギーを持ちぼうぼうと逆立ち、しわがれた声に力が漲る。皺の多い腕から突き出た拳には若さとはまた異なる生命の力がある。

看板女優である重本恵津子はパリ公演で89歳の誕生日を迎えた。彼女がさいたまゴールド・シアターに入団したのは80歳を過ぎ、そろそろ経営していた学習塾をたたもうと思って時だ。若い時になりたかった女優になれるかもしれないと応募したという。80歳で新しい世界の階段に足をかけることはなかなか難しい。年だから、世間の目があるから、家族に叱られるからと自分に手枷足枷をかけて動けなくなるのが日本人的発想、高齢者的発想である。しかし、重本恵津子は違った。なにしろ大正生まれで、子育てをしながらロシア文学を学びたいと37歳で猛勉強の末、早稲田大学に合格し大学院で修士号を取得したような人だ。入学したのが昭和42年のことである。今より女性の規範がずっと厳しい時代だった。やりたかったらやるというのが重本恵津子という人間だった。

彼女は弱った足腰を鍛えるために散歩をする。呼吸をするのも辛い時がある。それでも舞台に立つ。パリの舞台に立つ。いやはや見事である。生きることは闘いだと教えてくれる。

無題.png
看板女優の重本恵津子(左)。「私の股間にキスをしなさい」と詰め寄る場面である。

私の中でこれまで高齢者は肉体的にも精神的にも弱者だった。守り、助ける無力な存在だった。だから自分が高齢になることは恐怖だ。私の周りの高齢者は私に弱さを教えてくれた。しかし、さいたまゴールド・シアターの俳優たちは違った。弱さとともに死ぬまでどうやって自分らしく生きるか、受け取ることではなく、どうやって発信していくかというメッセージをくれたのだ。ブラボーな番組だった。

saitama.png
『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』のポスター
あらすじ
 二人の青年が、チャリティーショーに手製爆弾を投げ込んだ罪で裁判にかけられている。そこに、その青年たち(孫である)を助けようと、爆弾、ほうき、傘、三味線、物差し等々の武器を持った数十人の老婆たちが裁判所に押しかける。看守を爆殺したのち、老婆達が法廷内を占拠、自分たちの手で、逆に検事らを裁判にかける。警察による強行突入の警告が流れる中、検事や、助けに来たはずの青年にまで、次々と死刑宣告をする老婆たちだが――。
*****

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

映画「Maleficent マレフィセント」

本日は休日の調整だかで(何度説明を聞いても理解不能)、11時15分に退社した。一人でのんびり映画でも観に行くことにした。今日はレディースディで1.100円、3D仕様で+300円、3Dメガネが100円、計1.500円の出費である。
****
以下、かなりネタバレあります。
****

古い童話を基に書かれたディズニーの名作「眠れる森の美女」。
オーロラ姫の誕生のお祝いに駆け付けた妖精は、将来を祝して素敵な魔法をかけるのだが、そこへ邪悪な魔女が来てこう言うのだ。「この子が16歳になった時に糸車の針に指をさし、永遠の眠りにつくだろう」
凍りつく国王夫妻。国中の糸車を焼き払うが、魔女の予言通りに姫16歳の誕生日に眠りについてしまう。時が流れ、茨の中で眠る姫をみつけた王子は彼女にキスをする。そうして魔法は解ける。その後は、御馴染の結末。二人はいつまでも幸せに暮らしましたとさ、というお話である。

眠れる森の美女.png

この映画「Maleficent(マレフィセント)」は、「眠りの森の美女」であることは確かなのだが、内容はかなり違う。

マレフィセントは爆発的な魔法の力を持つ美しい妖精で、背中には大きな翼が生えている。生えているのは翼だけではない、頭にも角のようなものがある。

マレフィセントは人間の男ステファンに恋をする。しかし、ステファンは国王の娘と結婚し権力を手に入れる道を選ぶのだ。そのために一服盛られ眠りこけるマレフィセントの背中の翼を取ってしまうのだ。

翼がなくなって慟哭するマレフィセント。翼は彼女の誇りであり命であり自由の証だったのだ。悲しみは爆発的な怒りに変わる。体中から湯気のような怒りのオーラが立ち上る。

時が流れ、国王になったステファンと女王の間に赤ん坊が生まれた。ここから「眠りの森の美女」のストーリーになる。

16歳の誕生日に永遠の眠りにつくと魔法をかけたマレフィセントは、始めは憎しみを込めてオーロラ姫の成長を見ていたが、次第に愛情を持つようになっていく。

マレフィセントは魔法をかけたことを悔やむようになっていた。16歳の誕生日に姫は永遠に眠りにつく。ただし、真実の愛をもった人間からのキスで眠りから覚めることができる。しかし、マレフィセントは思う。

「真実の愛など、この世に存在しない」

私も心でうそぶく。
「そんなものはないね」

ところが、真実の愛はあったのだ。

オーロラ姫の元に王子が白馬に乗ってやってきた。郷ひろみと野口五郎を合わせて城みちるで割ったような1970年代アイドル的王子はオーロラ姫にキスをするが、これは「真実の愛」ではなかったらしく姫のマナコは閉じたままだ。

これ以上は止めておきませう。

さて、アンジーの顔はディズニーの絵本の魔女そのものである。頬の下に青いシャドーを入れて(鉄拳のように)ますます頬骨が出て、角が生えた頭とのバランスが素晴らしく感動する。翼を取り戻し、ステファンと闘う姿は「ソルト」の女スパイを思い出させる。

マレフィセント.png

マレフィセントB.png

ブラッドピットとアンジーの子どももオーロラの幼年期の役で出ておられます。
なかなか哲学的な映画でもあります。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

『アナと雪の女王』を観に行ったの巻。

仕事先に提出する健康診断を取りに行き、ふと『アナと雪の女王』を観ようと思い立ち、札幌シネマフロンティアに行った。親子連れでごった返している。次の上映は5席しか空きがないらしい。ちびっこの後ろに並んで、チケットを一枚購入した。よほどの仲の友人は別だが、映画は基本的に一人で観る。

DSCN2458.JPG
人だかり。

映像の美しいことったらないのだ。人形のような人間のような主人公たちと、絵のようなリアルのような氷や雪の世界にどんどん引き込まれる。そして、松たか子の力強い歌声。

「ありのままの〜♪」

エルサ@.png

自らの魔法のために10代の日々を城で閉じこもるように生活していたエルサが、自分の力(魔法)を解放し、苦しいながらも生きていることを実感するその感動的な場面で、彼女はどんどんと美しく変貌していく。ウエストは締り、足は細く長く、顔の丸みは消え、ブロンドの髪は豊かに背中に流れていく。氷の城が出現し、氷の階段からエルサがぴったりとした薄いドレスに半透明のラメのストールを揺らし、歌いながら降りてくる。

「ありのままの〜♪」

まるで銀座のbPホステスみたいである。バブル時代の銀座の高級サパークラブ「アイス・キャッスル」のエルサさんではないか。しかし、周りのちびっこは私の妖しい空想なんか露も知らずに、つぶらなおめめでエルサさんこと氷の女王を観ているのである。

エルサA.png

エルサは愛の力で凍った国を溶かし平和に導くのだ。その原動力はアナだ。いつものディズニーと決定的に違うのは、愛の力は男女のものではないことだ。人間愛の力、家族愛の力、きょうだい愛の力、友への愛の力、他の生き物への愛の力なのだ。つまりは包括的な愛ですな。

映画館を出ても消えないあのメロディ。

「ありのままの〜♪」

今も消えないあのメロディ。

「ありのままの〜♪}

エルサB.png
エルサ様。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

QUEENとオモシロ。

今日、雪道を歩きながらQUEENを聞いていた。


ブログ QUEEN.png


「LIVE KILLERS」というアルバムで、フレディが最高の歌声を聞かせてくれている。彼は喉があまり丈夫ではない。声質が繊細で不調・好調の差が激しい。ライブの時は歌いながら調整するのが常だ。観客との掛け合いで調子を上げていく。


このライブの時のフレディの声の安定感は素晴らしい。もちろん、ロジャーも顔よしドラミングよしバックボーカルよしで言うことはないし、天文学者ブライアンのギターは知的な情熱に満ち満ちている。早々に引退してしまったジョンのベースはやはりこのバンドの要であった。


聞いていると次第にノリノリになる。零下の中でフレディ的に胸を張って膝を伸ばして歌ったりする。神様、天国のフレディへ伝えてこの思い。私は今でもQUEENが好き。


ブログ FREDDIE  MERCURY.png



何度でも言おう、
私はこのバンドが好きである。とても好き。すごく好き。マニア的に好きである。


それから、とても多くの時間が経った。今でも大事な宝のように彼らを愛している私だ。横浜でポール・ロジャースがボーカルを務め、白髪混じりのブライアンがギターを弾き、メタボになったロジャーの渾身のドラムを体感したが、4人が揃わないクィーンはもはやクィーンではない。そんなの、ファンなら皆知っているさ。


人間はあまり好きだと人には言わなくなる。得意そうに言う奴がいたら、冷やかに見ているだけで言葉にはしない。しかし、不覚にも一度だけ声を荒げたことがある。クィーンファンというその人に対して。


その人とは、オモシロだ。

オモシロが話しているのを聞いた。
オモシロ「クィーンズというバンドが好きなんだ。」
私の心(『おどるポンポコリン』?)
オモシロ「クィーンズって昔のイギリスのバンドなんだ。」
私の心(まさか・・・)


クィーンズ。
QUEENS。
女王様たち。


このオンナは名前の由来さえ理解しとらん。


「オモシロさん!それを言うなら、QUEENでしょう。私はQUEENの大ファンなのです!」
「そんなファンとは知らずに・・・申し訳ありません!思い違いをしていました!!」」


*オモシロのことを知りたい方はカテゴリの「生きるために仕事をするのだ」を是非ともお読み下さい。



押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

そうかい、あんたもマイケルが好きだったのかい。

勤務先Nのオモシロのオンナイトコが唐突に言い出した。
「私、マイケルが好きなんだ」


私は「キッ」と彼女の顔を強く見つめて瞬時に言った。
「私の方が好きだと思う」


オンナイトコ「・・・へっ?」


根拠はないが、そうに決まっている。このオンナに負けるわけがないのだ。
「私はDVDを全部持っているし、ほうら、踊りもこんなにうまい」と言って、ビリージーンを踊った。手にはオンナイトコの雪かき用のつば広帽子を持っている。

キレキレのダンスは何度も何度もDVDを観て憶えたものだ。くるくると回って、つま先で立ち「ほー」と言ってやった。

「ムーン・ウォークできる?」と聞かれたから
「できる」と答えて、

少しごまかしたけど、やり抜いた。


土曜日の勤務はこうやって、終わった。


ブログ マイケル・ジャクソン.png



押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

映画「ウィズ」

ウィズ [DVD] / マイケル・ジャクソン, ダイアナ・ロス, ニプシー・ラッセル, リナ・ホーン, リチャード・プライヤー (出演); クインシー・ジョーンズ (プロデュース); シドニー・ルメット (監督)

ウィズ [DVD] / マイケル・ジャクソン, ダイアナ・ロス, ニプシー・ラッセル, リナ・...



児童文学『オズの魔法使い』が原作のミュージカル映画である。



モータウン・レコードの社長ゴーディが愛人のダイアナ・ロスのために出資した映画と言われている。この二人の関係を知りたい人は、映画『ドリーム・ガールズ』をどうぞ。子どもの時からマイケル・ジャクソンはダイアナ・ロスが好きで、撮影は彼にとって幸福な時だったそうだ。マイケルはネバーランドの映画館でこのミュージカル映画を一人観るたび、「毎回、何か一つ教えられることがあるんだ。そして、ボクは感動で涙ぐむことさえある。」と言っていた。



かかし役のマイケル・ジャクソンは当時19歳。
脳(みそ)がないためにカラスにも馬鹿にされ自信が持てないかかしが、ドロシーとの旅で強い青年へと成長していくという役どころだ。人間のようなかかしのような、少年のような青年のような微妙な世界観をマイケルは繊細な優しい声音と切ない表情で表現している。あったりまえだが、歌も踊りも一級である。もしも、かかしが踊ると・・・・多分こんな感じ?と思わせるダンスは、素晴らしいの一言だ。劇中の「Ease On Down the Road 」を観るだけ、聞くだけでもTSUTAYAでレンタルするかいがある。




パンチ・パーマのダイアナ・ロスがドロシー役で登場する。24歳保育士の設定だが、ダイアナ・ロスは当時34歳なので若干無理な感じはある。豊満な印象があるダイアナ・ロスだが、この映画では貧相なくらい痩せている。どうしたのだろうか。マイケル演じるかかしのように、24歳のドロシーもまた自分を探す旅をする。黒人で大人のドロシーだ。蛇足だが、NYに住む決して裕福ではないが心豊かな黒人のクリスマスの家庭風景が描かかれていてお邪魔したくなる。



映画好きの友人SにこのDVDをみせたところ、
「これは映画じゃないね。ブリキ男やライオンの衣装は幼稚園のお遊戯会のようだし、セットもチャツチィし。ふっ。これをわざわざamazonで買った人間がいるのが信じられない(私のことだ)。後半のダンスシーンでダイアナ・ロスの乳首が見えているのに気づいた? 下着くらいはつけて踊ってほしいよね。」という厳しい指摘をしていた。Sが言うには、ダイアナ・ロスはマイケルを挑発するために下着をつけなかったというのだ。そうかなぁ、気になる人は二人の踊る場面を観て下さい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

ドラマ『半沢直樹』最終回。

半沢直樹 ブログ.png



なんと出向の辞令で終わりましたね。
あれは、金融庁の絡みや行内のやっかみや恨みから距離を置くようにした頭取の親心なのか、はたまた、出過ぎた半沢という杭を打つためなのか。私は自分が出向を命じられたように「ひっ」と驚きました。



最終回は、なんとも落とし所がない気持ちのまま幕を閉じました。



しかし・・・
サラリーマンなら誰もが覚えのある、上司から受ける小さなトゲや許せない仕打ち。理不尽なことにもじっと耐えている沢山の者のために、半沢直樹よ、代わりに倍返しをしてくれてありがとう。



連続ドラマはまともに観たことがなかったけれど、『半沢直樹』は、うまい役者たちが(おそらく)理解の上でオーバー極まりない表情と動きをするので劇画のようで引き込まれました。オーバーさ加減が加速度的にオーバーになり、最終回の大和田常務(香川照之/市川中車)は歌舞伎の世界を観るようでした。



大和田常務は生まれたての小鹿が足を折るように恥辱に震えながら半沢に土下座をしました。ふふん、そうさせたいヤツが私にもいます。


黒くてすみません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 00:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

Michael Jackson's Dangerous World Tour Live in Bucharest/マイケル・ジャクソン ワールドツアー ライヴ・イン・ブカレスト

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD] / マイケル・ジャクソン (出演)

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD] / マイケル・ジャクソン (出演)


1992年10月1日ルーマニア・ブカレストのライブ。


1989年に独裁者チャウシェスクが失脚。民主化後のルーマニアにどっと流れてきたアメリカ文化に触れた若者たち。その象徴であるマイケル・ジャクソンを見る興奮と熱気が伝わる映像である。



失神者続出。



マイケルはゴルチェの黄色のワンピース水着のようなものを着ている。色といい形といい、若かりし頃の最高潮に太っていた時に母が着ていた黄色の水着を思い出す。母のせいで雑念が入ることが腹立たしい。水着?に身を包んだマイケルは、トースターと呼ばれる装置で、トーストがポン!と焼きあがるようにステージに飛び出てくる。



トン!(身軽に着地するマイケル)
わぁーわぁーわぁー(うねりのような聴衆の歓声)



サングラスをかけて、動かないマイケル。
狂ったように泣き叫ぶ観衆。
ステージは始まったばかりというのに引きつけを起こして倒れる女性。
泡を吹く若い男性。
ありがたくてありがたくて画面に向かって拝む私。

 

この時、彼は神なのだ。



サングラスを投げるのが、ショウが始まる合図だ。
「ホッ!」
「ハッ!」
「ヒィ〜!!」
完璧なダンスに完璧な歌。当然のことだが、口パクはない。



あなたは時が過ぎるのも忘れ、マイケルを見続けるだろう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

Michael Jackson "Ghosts"(DVD) マイケル・ジャクソン「ゴースト」

Ghosts  [Import] (Video CD) [Single] / Michael Jackson (Video CD - 2001)

Ghosts [Import] (Video CD) [Single] / Michael ...


ある小さな村の小高い丘に建つ古びた屋敷に住む一人の青年(マイケル・ジャクソン)は、村人から気味悪がられていた。遊びに来た子どもにゴーストのショーを見せ、村人に知られたからだ。子どもたちは、「あの人、何も悪いことしてないよ。」と訴えるが、村長(これもマイケル・ジャクソン)率いる村の家族は、松明を手に屋敷に向かって行く。村長は、「私たちは普通の人間でここは普通の村だ。おまえのようなヘンタイ野郎(Freaky boy)がいる所ではない。さぁ、出ていけ!」と迫る。「本気で脅してるの? じゃあ、仕方ない。こっちも脅かすしかないね。」と青年は、家族だというゴースト一族を呼び出す。始めは、気味悪がっていた大人たちも、青年とゴーストが繰り広げる恐ろしくもワクワクするエンターティメントの世界に引き込まれていく。ただ一人村長を除いては。



監督は「ターミネーター」や「ジュラシック・パーク」で有名なスタン・ウィンストン、脚本はマイケル・ジャクソンとホラー作家のスティーブン・キング。40分の短編映画である。PVではない。97年の作品というから、マイケル・ジャクソン39歳の時の作品になる。



この当時、マイケルは児童性虐待で訴えられていた。マイケルを見る世間の目はまさにFreaky boyだった。「外見が普通じゃないと、中身もおかしいって思うのかい?」「普通ってなんだい?」「本当の自分を見てほしい。」というメッセージが込められているようだ。



この映画はカンヌに出展されたが、一般にはほとんど公開されておらず、幻のショートフィルムと言われている。DVD化もされていない。字幕スーパーもなし。これはテープからデジタル化されたもので画質も悪い。しかし、スリラーを遥かに凌ぐ「群舞」は、画質の悪さを忘れるほど圧巻である。息をのむほどだ。本当に素晴らしい。



蛇足ですが、当時、マイケルと付き合っていた女性が出ています。蛇足の蛇足ですが、マイケルの靴と白い靴下はくっついています(靴下つきの靴)。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

半沢直樹。

『半沢直樹』を観ている。


すごく真剣に観ている。テレビの前に座ってじいっと観ている。こんなに真剣にTVを観るのは、「おかあさんといっしよ」以来だ。



「倍返しだ!」と半沢が叫ぶと、
「やってやれ!」とテレビの前で叫ぶ。



視聴率は30%を超えたという。
上司に「倍返し」をしたくてもできないリーマンが半沢の倍返しに溜飲を下げているのだろう。



DSCN1712.jpg
蹴りを入れろ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。