2015年01月13日

茶話本舗がアミューズメント会社に買収された。

グループホームのアルバイト介護支援専門員になってから初めての会議があった。会議は二つで17時45分から2時間くらいだ。会議の始めに、スキンヘッドの管理者海坊主(ウミボンズ)から挨拶として、今話題になっている介護報酬の引き下げの話がざっくりとあり、次にフランチャイズで有名なお泊りディ「茶話本舗」がアミューズメント系の会社に買収され、丸投げした藤田英明代表は相当儲けただろうということを若干コーフンした面持ちで話した。藤田英明という人は介護業界の立身出世の人で、最初に「お泊りディサービス」というものを考えついた人だ。ウミボンズの話ぶりからして、藤田英明は憧れの人らしいのである。

私が、「お泊りディ」という妙な名前を知ったのは、5年くらい前のことである。特別養護老人ホームのショートスティが満床のために泊りたくても泊れないという人は沢山いる。ちなみにショートスティは、厚生労働省が介護保険制度上で作った家族の介護疲れ軽減のためのレスパイトサービスの一つだったが、いつの間にやら施設に入居できない高齢者が使用する代替システムになってしまった。もちろん家族の風邪や旅行で数日で帰宅する人もいるが、最大1カ月を繰り返し利用しロングスティのような状況の人も少なくないのだ。

ショートスティ申し込みも早い者勝ちだ。利用できない高齢者は、複数の施設の宿泊を渡り歩いている。月のうちの3週間はAという施設、残りはBというように高齢者にとって酷な状況である。特に認知症は環境の変化が一番良くない。住み慣れた我が家に帰りたいのに帰れない辛さは、本人でないとわからないだろう。介護保険料もバカにならない。そこに目をつけたのが、茶話本舗の藤田英明氏である。

まずは朝自宅に迎えに行きディサービスを利用してもらう。これは介護保険報酬の9割が自治体から確実に支払われる安定収入だ。そして、宿泊は素泊まり1泊800円の無認可の木賃宿だ。食事は3食1000円。自宅に帰らずにずっとそのシステムを利用することができる。宿泊は違法ではないからだ。一カ月フルに利用しても8万円と少しくらいだ。

茶話本舗のコンセプトは「自分の家のように寛ぐこと」である。そのため民家を利用しているが、賃貸でありコストを安く治えているのだ。狭い民家で雑魚寝のところもあったというが、家族にとっては受け入れてくれる場があるのは助かるのだろう。今回の介護報酬引き下げは、茶話本舗潰しという噂もあるが、ここ数年の収益は良くなかったらしいので本当ではないだろう。介護ビジネスを作っては、売却し富を得てきた藤田氏が、今後ただ親会社の役員になっているとは思えないのだが。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

介護業界というところ。

お正月休みの間にブラック社会福祉法人の元の同僚たちからメールや電話が来た。「あけおめ」の後は再就職の話が多かった。皆、早々に再就職先を決めて勤務し始めているが、蓋を開けてみると、再就職先もブラックとは言わないまでもグレーだったり、職員間のいじめに苦しまされたりで、業務以外の悩みを抱えているのである。

介護業界は落ち着きのない所だ。人が辞める、人が入る。大きな施設だと今すれ違った人は誰なのかわからないこともある。朝礼で新人職員を紹介してくれるならよいが、現場に放りっぱなしだとわからずじまいだ。早々に退職したりすると名前もわからないお別れである。こんな業種は他にあるだろうか。使い捨て、使い回しのような扱われ方としかいいようがない。名前などよい。職員間交流などよい。まずは頭数だと言わんばかりだ。

介護業界は気ぜわしい所だ。圧倒的に中途採用者が多く、それぞれの経験がものを言う。相手が異なる介護アプローチをした場合は認めることができない人が出てくる。福祉はビジネスである。誰が行っても良質で差異の少ないサービスを提供しなければならない。ある企業に部品を発注したら、規定通りに作製する、その部品を壊れないように梱包する、納期は守る。それが積み重なって信用になる。相手は部品ではないですって?そう、相手は人間だし、こちらもマシーンではない。しかし介護や相談業務の基準となるボーダーはある。そのボーダーには尊厳とかモラルが入っている。

介護業界は人間関係が厄介なところだ。中途採用が多いということはバックグランドもいろいろということだ。そして各専門職がいて格差が生まれる。それぞれがうまく機能すると、おいしいサラダボールになるのだが、そうはなかなかならない。トマトはじぶんが一番と主張し、きゅうりは私がいないと始まらないと言い出し、レタスは自分の上質さを述べる。

朝日新聞の日曜欄に「悩みのるつぼ」という人生相談のコーナーがある。美輪明宏、岡田斗司夫、金子勝。そして上野千鶴子という錚々たる且つキャラ立ちしているメンバーが回答をしている。上野千鶴子へ以下のような相談があった。
《相談》
「介護現場で悩んでいます」 相談者 女性 20代
 「20代の女性です。2年前、ヘルパー2級講座を受け、勉強をし、実習でも「介護」について学びました。 でも、実習先はひどいもので、現場は時間に追われ、職員同士はイライラし、笑顔なんてある場所ではありません。講習では「思いやり」という言葉が何度も何度も出てきました。現場は「適当」そのものです。
食事でも主食、おかず、食後の薬まで一緒にまぜて急いで食べさせる。こんなことを自分ができるのかと思うと、私は無理です。それでも最近の仕事の募集は「介護職」ばかりです。
 思い切って、私はそんな対応はしないと思い、2カ月前から派遣として仕事に就きました。私が入ると、今までいた職員が次々と辞め、1人でお風呂、1人で10名ワンフロアをこなし、1人でおでかけも。
 こんな、いつ転倒してもおかしくない状態に置かれていては「思いやり」の気持ちを持つことはできません。会社側は派遣終了後、直接雇用を薦めてきます。ですが、私はこんな危険な体制では不安です、と強く訴えましたが、人を集めるようがんばっていますという言葉のみ。
私にはブランク(2年)もあり、経験もないので、利用者にケガでもされてしまうのではないか、と怖いおもいです。
 このまま続けることが怖い私は、辞めずに「適当」にこなしていけばいいのでしょうか」

《回答》
「自分の働きやすさを優先して」回答者 社会学者 上野千鶴子

「うーむ。多くの介護現場であなたのおっしゃる通りの現状であることは承知しています。お年寄りの人格を無視した流れ作業、声を掛けてあげたくてもその余裕さえない職場、不安に立ちすくむひとりっきりの夜勤。都内の某高齢者施設でワン・フロア25人の重度のお年寄りを若い職員がたったひとりで見る夜勤シフトを聞いて、私なら足がすくむだろうと思ったものです。
だからこそせっかく志を抱いて資格を得たのに、現場でバーンアウトする介護職員が絶えず、の離職率が低下しないのでしょう。この不況のさなかでも介護市場にかぎっては有効求人倍率がつねに1.0以上。募集が求職者よりも多い現場では、使える人材は常勤職員として採用したいという施設側の事情もわかりますし、あなたがそれに腰がひける思いをしていることもよくわかります。
 こんな綱渡りのような勤務を続ければ介護事故が起きるかもしれません。常勤だろうが、派遣だろうが、事故の責任は同じ。管理者だけでなくあなた自身の責任が問われます。このまま「適当」に続ければ感覚の麻痺と思考停止に陥るか、バーンアウトするか。そのうち、今の気持ちも忘れて、あなた自身がお年寄りへの加害者になっているかもしれません。
 派遣という立場を生かして、いくつもの職場にお試し雇用を経験なさってはいかが?そのうちどの職場がよいか、何が問題か、がわかってきます。評判のよい施設には自分から飛び込んでみましょう。そのうえで信頼できる(ここなら親をあずけてもよいと思えるかどうかが、ポイントです)職場を選びましょう。
 ほんとうは働く人も利用者も「選択の自由」を持っているはず。良貨が悪貨を駆逐するのが市場の法則なのに、他に行き場がないばっかりに悪質な事業者がはびこっています。施設には適正な競争をしていただいて、劣悪な施設や事業者が淘汰されていけばよいのですけれど。施設が高齢者のためのものではなく、「年寄りを家に帰してほしくない」家族のためのサービスになっていることが大問題なのですが。だからといって、介護事業の問題だらけの現実にあなたが責任を負う必要はありません。自分の働きやすさを第一に優先しましょう。介護のしごとに志したあなたのような人材を、またひとり失いたくはありませんから」

<良貨が悪貨を駆逐するのが市場の法則なのに、他に行き場がないばっかりに悪質な事業者がはびこっています>
介護業界ばかりはこの法則は当てははまらないようだ。これをやっていると、物言いがついた施設ばかりになり、行き場のない高齢者が溢れる。厚生労働省もわかってはいるが、どうもできないのが現状なのだ。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

小さな起動

いよいよ明日から日本経済も本格的に起動する。私も小さく起動するのだ。なぁんちゃって。

札幌市内のグループホームに一か月のうちの10日ばかり行くだけだ。それでも、介護保険制度上はケアプランを作るという責任ある仕事なのでやることはやらなければならない。介護支援専門員というのは、「ケアマネジャー」通称ケアマネと呼ばれる。求人募集で「ケアマネジャー」が「ケアマネージャー」となっていたりすると、ブラック社会福祉法人で同僚だった「地獄のケアマネ」は「こういうところを間違える施設はロクなもんじゃない!」と怒ったものだった。だから私は彼女の前では慎重を期して「ジャーマネ」と呼んでいたものだ。

そのジャーマネだが、私は資格は持っているが、ほとんど実務経験はない。相談員として社会福祉士を取得してから、いざという時のために資格を取っただけだ。英会話スクールの講師というのも優秀な芸ではないが、身を助けたのは確かだ。好きか嫌いかと言うと、ジャーマネの仕事よりも相談員の仕事が圧倒的に好きだし、道具としての自分の英語の実力に不安を覚えているので教えるのは嫌いだ。短い時間で効率よく稼ぐためにやっているに過ぎない。

しかし、私は今回のジャーマネのバイトをそれほど気鬱に思ってはいるわけではない。英語も然り。この状況が長く続くことはないと確信しているからだ。思ったことはその通りになっていくからそうに違いない。

*******
12月に6日間勤務して、前任のケアマネから引き継ぎをした。前任者はとても感じの良い人で、一緒に仕事をしたら楽しかろうと思えるような癒し系の人だった。しかし、彼女も明日からはいない。明日からは一人ケアマネとして介護職員が忘れた頃にふらりとやってきて仕事をして静かに帰る役割を演じるのだ。

このバイト先でもなかなか興味深い人物がいた。先週、前任のケアマネが書類を読みながら「きゃあ」と小さな声を出していた。
「どうしたんですか」
「急いでいたから間違えたみたいで、〇〇さんに訂正されちゃった」と見せてくれたのは、彼女が書いた議事録だ。読むと、単純な打ち間違いを三箇所、二重線が引かれ、なんと〇〇さんの訂正印が押してあったのだ。
(どうして〇〇さんが書いたんじゃないのに〇〇さんが訂正印を押すのか。オモシロイ・・・<(`^´)>なんとオモシロイんだろう)
「すごいですね。〇〇さんのが間違えたわけじゃないのに。こういうのはちょっとないでしょうね」と興奮してしまった。
前任ケアマネは苦笑いをしながら、
「悪い人じゃないんだけど」と言っていた。
「いやぁ、オモシロイです。実にオモシロイです」
「私の前任の人とは合わなかったみたいなの」
「なるほど。そうでしょうね。人の文章に二重線引いて自分の訂正印を押す人はなかなかいないでしょうから。ある意味すごいです(ハアハア)」
「お坊ちゃんみたいで・・・音楽家らしいの。悪い人ではないから」
「あぁ、私大丈夫です。オモシロイものは好きなので」

オモシロイ人に明日は会えるのだろうか。会えたらいいな。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 20:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

タイ料理で管理栄養士の背中をそっと押す。

札幌の多くの地区で避難勧告が出た夜に管理栄養士が退職した。この管理栄養士は、オカメインコの大ちゃんと暮らしながら、常に「食」のことを考えているという真面目一方の人だ。この会の出席者は4人である。数日前に退職した「生ゴミ」の名付け親でもある声が低いケアマネ、気配りの人である居宅支援のケアマネ、立ち上げから一緒に働いているピンク色の似合うナース、そして私である。

場所は管理栄養士が全部セッティングしてくれた。その日の主役が幹事とはひどい話である。

038.JPG
ビルの細い廊下の奥にタイ国がある。

037.JPG
香辛料がわぁ〜と来た。

005.JPG
SIAM(サイアム)だ。

006.jpg
始めは、タイのビールで乾杯する。ピンクナースだけがお酒が飲めないので、ソフトドリンクだ。

沢山のメニューの中から選び、つぎつぎに食していく。
今となっては料理の名前はさっぱり思い出せないのだが、

007.JPG
豚肉だと思う。この花を食用花だと言って、管理栄養士をだまくらかし食べさせてみた。特にお腹は痛がっていなかった。

011.JPG
鶏肉かと・・・。美味しかった。

012.JPG
パパイヤのサラダ。4つのレベルがあり、平均のレベル2つ目を頼んだが、非常に辛い。辛さにのたうちまわっていると、正面に座る声の低いケアマネがその様を嬉しそうに見ているのである。

010.JPG
ご存じトムヤムクン。私が最も憎むスープである。ほとんど飲めず。

015.JPG
やっと食べられるもの登場。春巻き。

034.JPG
春巻きの優しさもほんのひと時。次に登場したのはグリーンカレーで、こいつも辛い。

025.JPG
ニンニクとあさりの炒めもののようなものが出てきて、

033.JPG
お酒はどんどん進み、

そうして、夜も更けていったのだ。
外に出ると雨は降りやみ、札幌の街にも平穏が戻っていた。

真面目な管理栄養士よ、これまでありがとう。私はあなたのお陰で助かりました。沢山のラッキーがあなたに来るように。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 14:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

明日はオープン初日だ。

いよいよ明日オープンだ。まだまだ問題はあるがやっとここまで来た。

今のところ相談員は一人だ。アシスタントが入る予定だというが・・・あてになりそうもない。しばらくは一人でやっていかなければならないだろう。

80名を数名づつ分けて、20日間あまりで入所してもらう予定だ。明日は3名の入所である。受け入れの段取りをナースと介護職に伝え、施設長に仕事全体のイメージを話した。施設長は営利に傾き過ぎだとか、仕事が遅いとか気になる点が多い人だが、私の仕事に細かい口出しはしない。報告をして、何か一言言いたいのはいつものことであるからして、これは言わせ、後は自由に動く。

沢山の新卒が入り、中高年も入職した。私は、新人研修で高齢者虐待の研修を二日間行ったこともあり、施設内では不思議なポジションになっていると感じる。そりゃそうだ、始めの出会いは講師である。まぁ、そのうちに慣れてくれるだろうけれど。

自然体で落ち着いて楽しく仕事をする。
人生は波があり凪がある。

では、ごきげんよう。

001.JPG
今年も美しい、ピエール・ド・ロンサールという詩人の名がついた薔薇。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 21:47| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

サラメシ 公園編。

広大な公園に隣接して職場はある。
そんなわけで、昨日今日と公園で昼食を食べた。

060.JPG

043.JPG

062.JPG

042.JPG
昨日はポテトサンドを食し、

059.JPG
本日は、労働者弁当をたいらげた。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 22:48| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラメシ 焼肉編。

昼ごはんの焼き肉はニオイという点で危険だ。

DSCN2741.JPG
炭を熾し・・・

DSCN2742.JPG
サガリ定食がきて・・・

DSCN2743.JPG
食す。

DSCN2744.JPG
韓国冷麺にキムチを投入して食べる。これでニオイは決定的となった。冷麺の味は最高でござった。

ごきげんよう。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 00:47| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

サラメシ 弁当編。

いつもは手作り弁当。

DSCN2713.JPG
サーモスの3膳くらい入る労働者風弁当に梅干しを投入してもらう。

DSCN2612.JPG
パンダ付きの葡萄。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 12:10| 北海道 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラメシ 外食編。

二度目の来訪「中華パンダ」

DSCN2629.JPG
ある者は天津丼を食べ、

DSCN2630.JPG
2名は唐揚げ定食を召し上がり、

DSCN2631.JPG
私は青椒牛肉を食べた。

デザートは「びっくりドンキー」で、
DSCN2639.JPG
北海道フェアを食べた。

DSCN2637.jpg
ある者は「ルンバ・ルンバ」という掃除機みたいな名前の飲み物を注文し、

DSCN2638.jpg
また、ある者はチョコレートパフェ的なものを食べた。

アセスメントに出向いた南区のはずれで、

DSCN2633.JPG
ある者は天丼とざる蕎麦セットを食べ、

DSCN2632.JPG
ある者は冷やしたぬきを食べ、

DSCN2635.JPG
また、ある者は納豆蕎麦を喰らい、

DSCN2634.JPG
私はといえば、冷やしたぬきといかめしを食べたのであった。

ここはとても不味かったのである。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 11:33| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

近況。

長きにわたり、無沙汰をしていました。

寝込んでいるわけでもなく、お休みの日には出歩いたりと人並みの暮らしぶりでございましたが、なんせ、忙し過ぎたのでございます(今もなおでござる)。

新設の高齢者施設の立ち上げに参加していた私です。他に看護師、介護福祉士、介護支援専門員がおり、施設長も準備室で勤務していたのでございます。

が、日が経つにつれ、この施設長が使えないという事実に気付きました。そうなれば、自分たちで言うのもなんではございますが、仕事だけはできる私たち。頭の悪い上司の頭の悪いリクエストにはそこそこに答え、あとはぐんぐん進めていったのでした。

こういう上司の常ではございますが、仕事内容が把握できていないのか指示が曖昧な上に、二転三転します。これには私たちも苦しめられましたが、今のままでは「オープンができない!」という恐怖と、持って生まれた誠実魂で仕事をしたのであります。それは激務でした。

ここ最近の私は、朝から7件の契約を高齢者家族と交わしております。一家族一時間を費やし朝からマシーンのように同じことを繰り返すわけですが、そんなことはどうっていうことはないのでございます。

契約まで来たことが奇跡でした。

契約書『だけ』は、施設長に用意するように言っていたのですが、契約初日に『やはり』できていなかったのです。契約者が1時間後には来るというのに、契約書がない!そういうことを平気でするのが、私のクソボスなのです。

そして、明日、準備室から引っ越しです。日曜日は契約が引き続きあるので、今日はゆっくりと溜まっていた写真を整理しませう。

DSCN2708.JPG
今年のバラ。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 14:55| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。