2014年05月18日

ASKAが逮捕された。

『アナと雪の女王』と観て気分良く「ありのままの〜♪」と歌いながら家へ帰る道すがら、ASKAが覚せい剤所持の容疑者になったと聞いた。ASKAは父親が自衛官で福岡へ転居するまで、札幌市南区真駒内の自衛隊官舎で暮らし、札幌第一高校に通学していた。駐屯地のある札幌と福岡を移動する自衛官家族は多いのだ。

さて、家に帰ると母が、
「アスカが捕まったみたい。オーマイガッツだね」という。

私「オーマイガッツ?」
母「オーマイガッツ!って(こうやって頭を抱えて)あぁ大変なことが起きたってことでしょ?外国人が頭をこう抱え、オーマイガッツ!って。アスカもオーマイガッツ!だね」
私「それなら、オーマイガットでしょ」
母(話を無視して)「でも、今回はダブルガッツだね」
私「ダブルガッツ?」
母「取り返しがつかないこと。この人はもう取り返しがつかない。二倍大変なことをしたから」
私「・・・・」

母の意味不明な話を聞いていたら弟が来た。
「週刊文春に出てからかなり経つけど、止められなかったんだね。気の毒だね、依存度はたばこの5倍らしいからね。辛かったんだろうね」

たばこを止められずに苦労している弟はさも憂鬱そうに言った。

ブログ チャゲ&飛鳥.png
学生時代からの友人の二人。ASKAの変化にCHAGEが気づかなかったはずはない。もう他人事のようなブログを書くのは止めてほしい。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

佐村河内守氏と新垣隆氏の関係を考える。

「全ろうの作曲家」「現代のベートーベン」として有名になった佐村河内守氏の作品は、新垣隆氏という桐朋学園大の非常勤講師が作っていたそうだ。これだけでも充分に驚くのだが、佐村河内氏の耳は聞こえているという。おまけにおまけに、譜面も読めず、「10歳にして教えることがないと言われたほどのピアノの腕前」も作り話だったというから、こりゃ驚きである。



新垣氏は、フラッシュの焚かれる中、緊張した面持ちで一生懸命に質問に答えていた。真面目そうなお人柄とお見受けした。



が、おかしいではないか。新垣氏は18年間も影武者を貫きながら、なぜ今表舞台に飛び出てきたのだろうか。レポーターの問いに、「オリンピックという国際舞台で使用される曲であり影響力の大きさに黙っていられなくなったから」だと言う。明日の午前1時には開会式だ。18年間黙っていて、この慌ただしさは何だろう。


この二人は恋愛関係だったのだ。そして破たんした。突然の暴露も、決別宣言も、哀しい怒りのなせる技としたら納得がいく。新垣氏はこれまで作品料しかもらっていないという。印税も手にしていないようだ。我が子のような作品をこんなふうに他人に渡すだろうか。どういう経緯で彼らが出会ったのか知らないが、「ビジネスパートナー」としてはちょっと考えにくいお話である。


ブログ 影武者.png
影武者も愛があれば、陰に生きることができる。二人の愛の結晶が作品だったのだ。


なあんてね


押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

淡路恵子さん。

淡路恵子さんが亡くなった。
時々出演するテレビを楽しみにしていたのに。

歯に衣着せぬコメント。
気に入らなければそっぽを向いて話もしない。
自分でステーキを焼き、ワインを飲み、ドラクエを楽しむ80歳。


老人施設で働いていると、若い職員が「○○さん、かわいい」と高齢者を表現することがある。人生の終末期を生き、苦しみも喜びも過ぎて小さく丸まった姿を見てどうして可愛いと呼べるのか。もう一方の職場だった大学で、ある日、学生が言ったその言葉の違和感に思わず、「可愛いとは子どもや動物を表現する未成熟な愛らしさに対する言葉。人生の先輩に対する言葉ではない」と言ったことがあった。


可愛いおばあちゃんなんてくそくらえよ、と言っていたかのような女性が逝ってしまった。トラブルだらけの人生で、孤高の人であった。


生意気を承知で言うが、私はこういう女性になりたい。


ブログ 淡路恵子.png
若かりし頃の淡路恵子さん。


押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 21:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

イタイ女 矢口真理の今後

矢口真理がまた話題になっている。件の浮気相手と焼き肉デートで半同棲中だというのだ。


件の浮気相手とは、矢口夫の留守中に矢口とベッドにいたモデル男である。結局、これが原因で夫婦は離婚し矢口は芸能人を休職する身となった。


モデル男は「間男」やら「クローゼット男」とも呼ばれた。この時に初めて「間男」という言葉を知った良い子も多かったに違いない。語彙が増えたわけだ。



さて、矢口真理だがそんなに悪い子なのだろうか。
確かに結婚時は不倫であった。しかし現在はシングルである。誰と焼き肉に行こうが問題はないはずだ。あんなバッシングを受けてもモデル男と別れていなかったなんて、見上げた根性ではないか。



この二人の周りにはもう誰もいない。お互い相手しか残っていない。かつての間男と、運命共同体になったわけだ。それはそれで問題はないだろう。ただ、商品としての矢口真理の価値はどうなるのか。



矢口真理は、有吉弘行から「ワイプモンスター」と呼ばれていた。ワイプとはVTRを流している時に、同時にスタジオにいるゲストの顔を映す映像手法のことだ。


「大口を開けて本当に驚いているようなリアクションは意外に難しいのですが、矢口の表情は豊かで、わざとらしくない」(週刊女性)
らしい。


矢口真理が復帰し豊かな表情でVTRにリアクションしても、視聴者は裸の矢口とモデル男を想像してしまうに違いない。性に関するモラルハザードは女性に対して強く働く。女性タレントが性的逸脱者の烙印を押されると立ち上がるのは難しい。女性にはまだまだ「貞操」が求められているらしい。復帰率はドラッグの方が高いのだ(雪あらし調べ)。高部知子(にゃんにゃん事件)、同じミニモニの加護亜衣(喫煙&男と不倫旅行)が有名だが、二人とも消えてしまった。高部は今は精神保健福祉士として働いているが、才能ある役者なので惜しく思った人も多いはずだ。往年の大女優島田陽子でさえロッケン・ロールじいさん内田裕也(1988年当時はじいさんではなかった)との不倫ごたごた以降は露出がぐんと減ったのだ。



矢口真理の復帰が成功するとすれば、女性の性的逸脱に対して許容範囲が広がっているということだ。




ウログ ミニモニ.png
自分を信じていくのだぴょん♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

イタイ男 猪瀬直樹東京都知事

壇蜜と猪瀬直樹東京都知事のツーショットをテレビで観た。


猪瀬知事の赤い顔には玉の汗が吹き出している。


知事「本当はこの後彼女とゆっくりと飲みたいと思っているんですけど、(壇蜜少し驚く)仕事が入って無理なんですよ(壇蜜ほっとする)」


ふーん。
自分が飲みたいと思えば、壇蜜は同席すると思っているわけだ。



壇蜜は、

久月のお雛様のような顔をして
流し眼で困った顔している。



66歳オヤジの勘違いが続く。


レポーター「知事! 壇蜜さんとどんなお話をしたいですか?」
知事「寝る前に何を考えているかとか、何の食べ物が好きだとか、そんなところから知っていきたいですね」



ふーん。
汗の量が半端ない。



どうしてこの人はこんなに頑張っているのだろうか。この提案は、壇蜜も猪瀬に興味を持っていることが前提となる。



壇蜜は柔らかく、
「交換日記から」と言った。


会う接点がない二人がノートを交換できるわけもない。見事なお断りである。座布団一枚。



しかし、勘違いしている猪瀬はさらに言う、
「ラインとかメールはやっているんでしょ?」



66歳男性が32歳の女性の射程圏内に入っていると思う理由は、ただ一つ、権力である。
猪瀬は自信がある。間違いない。



性的魅力はないが経済力のある中高年と美しく若い女のカップルは珍しくない。
猪瀬よ、夢見て待て。



ウログ 猪瀬直樹、壇蜜.png
幸せそうな猪瀬知事とビジネスに徹する壇蜜。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

川上哲治という人物。

大俳優 丹波哲郎 [単行本] / 丹波 哲郎, ダーティ工藤 (著); ワイズ出版 (刊)

大俳優 丹波哲郎 [単行本] / 丹波 哲郎, ダーティ工藤 (著); ワイズ出版 (刊)


丹波は中央大に進学し学徒動員で召集される。配属されたのは立川の航空隊だった。



(上記本からの抜粋)

「川上哲治は見習士官。見習士官の二十人くらいのなかにいた。それが士官としてくだらないことをやってんだ。川上哲治は野球においてはスターだけど俺は野球をあんまり知らないから。でも、間もなく全員嫌いになったね。川上を好きだなんていう奴は我々の仲間では一人もいない。威張るのはいいんですよ、軍隊のなかだからね。まあ嫌われたね、徹底的に。情のない士官だったから」


丹波哲郎はもっと具体的に、


「軍隊時代に上官だった川上哲治からリンチを受けていた。終戦後に川上が「あのときは仕方なかった」と頭を下げて廻り、巧みな処世術をする川上を見たとき、川上の本性がわかった」


と述べている。



川上哲治氏の人間性については、うつ病が原因で死去した湯口俊彦投手の、いわゆる「湯口事件」など到底まともな監督が対処したと思えない聞くも恐ろしい出来事がある。



川上哲治氏への黙とうは日本シリーズ第4戦の試合開始前で行われた。公共の電波を使い視聴者に黙とうを強いたのは、天下の巨人V9という功績か、打撃の神様と呼ばれた人物への尊敬の念か、はたまた経済界のドンであるナベツネの威光なのか。野球に向き合った人格者であれば、球団のファンの垣根を超えて心から黙とうを捧げることができるが、私は冷めた目でスクリーンに映し出された永久欠番16番を見ていた。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!。
posted by 雪あらし。 at 20:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

みのもんたの「バカヤロウッ!!」会見。

みのもんたの会見を母が真剣に観ている。

レポーター「みのさん!最後に次男に一言!」
みのもんた「バカヤロウッ!!」
母「ひっ」

フラッシュの中、滔々と降板理由を語るみのもんた。
グリーンのストライプのネクタイと同色のポケットチーフの鮮やかさが自分にはいささかの問題もないと語っているようだ。スーツに黒もグレーも選ばなかった。明るい紺色を着用している。

話は子育て論になる。別にみのの子育てを責めてるわけではないし、ましてや「ボクは殴るタイプの父親だった」と言われても困ってしまう。「不完全なままで世に送り出した失敗はボクにある」と言われても、完全な人間はいないという前提に立つとこれも困る。まっ、とにかく、渋谷のセンター街をふらついている未成年の非行話ではなく、30男の日テレのPだかDの窃盗話なのだ。みのが言うように親の責任ではない。フラッシュの中20秒間も頭を下げることではないだろう。

問題はどうもそこではないように思う。

みのさんは気づいているんだろうか。始めは確かに次男の犯罪があった。しかし、徐々にそれはみのもんたへの嫌悪感に移行してしまったのだ。みのもんたは甘かった。初回の会見で自宅前に現れたみのは、カメラに映る上半身はブレザー姿だが、ボトムはジーンズにつっかけという格好でことの重大さに向き合っていない生意気感が出た。会見でも文化放送のラジオでも、「大人の息子の犯罪に親の責任はない」と言い切ってしまった。その通りだが、親が言ってはまずい言葉だ。最後にこれが一番重要なことだが、みのもんたへのバッシングの基になっているのが、セクハラを含む彼の独断的な昭和のオヤジスタイルだ。正論をズバッと言うことに価値のあったみのもんたというブランドは、権威に胡坐をかき見苦しいばかりの怪物になっていたのだ。

権威と言えば、
今週号の文春では、みのもんたは歴代の総理とさしで飲むのが慣例と書いてあった。「みのと一度会っておくと、コメントが好意的になるから」らしい。総理と飲む条件は、「みのが指定した店で、みのが支払い、総理一人がみのと会う」というものだ。総理と飲んでコメントを甘くするとは、報道人のすることだろうか。芸能人なら充分にわかるが。

みのもんたは野球の珍プレー好プレーで絶妙なコメントを入れたり、情報娯楽番組で言いたいことをいっていれば良かったのだ。報道だの、政治だの、事件だのでわかったことを言い、心にもないことをズバッと言ったり、果ては女子アナに「種馬ってわかる?説明してよ。竹内クン」と執拗に迫ったり、吉田明世アナの腰に手を当てたりのセクハラ行為に及ぶから視聴者は憤慨、辟易していたのだ。会見では、吉田アナは「アシスタントのお嬢さん」と呼ばれ、「あのお嬢さんはよくとちるから日頃から肩や背中を叩いていた」と満面の笑みで釈明していた。吉田アナはTBSのアナウンス部に所属する会社員である。それを「アシスタントのお嬢さん」はないだろう。昔、会社の事務員を苗字で呼ばずに「女のコ」と呼んでいたのと同じノリだ。今じゃ、誰もが知っている。肩や背中やまして腰を叩くなんてもってのほか、セクハラそのものである。権力をもったみのが「じゃ、これがセクハラかどうか本人に聞いてよ」と言うのはパワハラである。

「みのもんたは相当にやばい」そう思っていた矢先に、火をつけたのが次男だ。
そして、今はボウボウになってしまった。

ブログ みのもんた.png
勝負をかけた会見でしたね、みのさん。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 18:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

やなせたかしさん死去。

やなせたかしさんが亡くなりました。



時は早く過ぎる 光る星は消える
だから君は行くんだ微笑んで




ありがとうございました。


ブログ アンパンマン.jpg
R.I.P.



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

広島カープ前田智徳選手引退。

用前田 ブログ.png



広島カープの前田智徳外野手が引退しました。
42歳。
お疲れ様でしたふらふら



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

中村うさぎさん、一般病棟観察室へ。

本日、中村うさぎさんが、ICUから一般病棟の観察室へ移ったとのことだ。


週刊文春(9/26号)では、ここ最近歩けないこと、自由意思で歩いていた日が信じられないこと、エッセイの最後に「遺書」などと気弱に書いてあったので心配だった。このまま順調に回復してほしい。



思えば、うさぎさんの姿を見たのは3月頃であの時はすたすた歩いていた。人間誰にとっても、一寸先は闇ということだ。一日を大切に後悔しないように生きなければならないと改めて思うしだいである。


うさぎさん、頑張って元気な顔を見せて下さい、



DSCN1861.JPG
お見舞いを申し上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ!<(_ _)> 一日一回有効です。
ありがとうございます!
posted by 雪あらし。 at 17:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物:ななめ切り。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。