2012年11月19日

雪あらしです。

はじめまして。雪あらしです。


 私の原風景は雪です。周りの音を消すほどしんしんと降り積もる雪、乾燥した風土から誕生した粉雪、肉眼でも見える雪の結晶の美しさ。


 美しいが、共存するには少々厄介な雪。


 雪あらしは最も厄介な雪。一寸先まで見えなくなるような吹雪です。子どもの時は毛糸の帽子をしっかりと被り、着膨れして、一歩一歩しっかりと雪を踏みしめて家まで帰ったものです。歩けるようになるかならないかでスキーを履く北の子どもにとって、雪道は怖いものではありません。


 すっかり大人になると、歩くよりも運転する車の中から吹雪を見ることが多くなりました。時にいろいろなことを考えながら。鉄の車に守られながら。


 私は、このままこの愛する雪が降る街で暮らしていくのだと思っていました。しかし、その後、アメリカ、そして東京とちょっとした放浪をすることになります。


 アメリカ留学の後、東京にある大学院で博士課程を終えた私は、研究職を探していましたが、あるのは非常勤講師ばかりでした。非常勤講師をしながら、生活のために社会福祉士を取得し、半ば腰かけのつもりで特別養護老人ホームに相談員として勤務することになりました。

 
 老人施設で働いたのは、とても勉強になったと今は言えます。日本福祉の現状、老人ホームに入居している老人とその家族の抱えている問題、介護職員の雇用、介護のレベルの問題、人間関係の憂鬱など。でも、ネガティブなことだけではありません。福祉業界の中で懸命に働いている人もいました。そして、かけがえのない友人Sにも恵まれました。


 私は長い放浪の旅を終えて、来月、ホームタウンに帰ります。これまで学んだいろいろなこと、本や映画の話を書いていきたいと思います。よろしかったら、時々覗いて下さい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ポチッ。<(_ _)>
posted by 雪あらし。 at 16:22| Comment(3) | 自己紹介。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。