2015年03月17日

C型肝炎の恐怖にざわめくホーム。

各施設には入居者データ(ファイル)というものがある。東京で勤務していた施設は特養とショートスティだけで150名近い入居者がいたので、ファイルがずらりと並んでいた。相談員用のファイルと現場用のファイルがあり、介護職員も常にこのファイルを読み込んで介護にあたっていた。その人がどこで生まれどこの学校を出て、誰と結婚しその配偶者との関係はどうだったのか、子どもは何人か、趣味は、性格は、話題にしてはならないこと、などアセスメントで知り得た情報が全てそこに落し込んである。介護スタッフの頭にそれらが叩きこまれているし、それが仕事の一歩なのである。ファイルは書き込まれ、削除され、また書き込まれ、生活とともに情報は増え、そして亡くなった後は5年間地下倉庫に保存される。医療カルテと同じ扱いだ。

グループホームはワンフロアに9名が居住している。特養の数から比較すると、「あぁ、ここは家なのだなぁ」と思うような小さな施設である。ここにも一人一人にファイルがある。しかしファイアを見て驚いた。ほとんど情報がかかれていない。その人がどういう生育環境だったのか、どのような経緯でそのグループホームに入居したのかがどこにも記載されていないのである。名前と家族氏名が書かれているだけの簡素なものだ。

高齢者は生まれた時から年をとっていたわけではない。私たちは利用者の長い歴史を知ることで個別性が生まれ、その人の人生がいきいきとしてくるのである。そして、なによりも会話のとっかかりになるし、家族とのコミュニケーションのツールともなる。そういう個人史がないのだ。

そういう薄い情報の中である女性がC型肝炎の抗体を持っているという記述をみつけた。何かとクレームをつける長女がキーパーソンの80代の女性である。

先日、大量の血便が出て入院し今は退院しているが、「ご存じと思いますが」という出だしで職員のノートに記入した。

「ご存じとは思いますが、○○さんはC型肝炎(+)の人です。退院後も血便が出ることがあると担当医からも言われています。介護の時はグローブを着用して下さい。特に血便の時には注意を要して下さい。厚労省の肝炎に関する冊子をコピーしましたので読んで下さい」
と書いた。

次に出勤した時が大変だった。
「知らなかった!」
「手がアカギレだからそこからもうウィルスが入ったかもしれない」
「食器は一緒に洗って大丈夫か」
「あぁ、もうだいぶ触ったからうつっているかもしれない」
「お風呂は最後にした方はいいか」
「お風呂の時はグローブで洗った方がいいか」

蜂の巣を突いたような騒ぎであった。
それぞれが疑問を口にする。必死である。わかる。誰もが家族がいる身である。知らないとことは混乱を起こす。ほとんどの職員がヘルパーであり、このグループホーム以外での勤務経験がない。介護福祉士のように国家試験のために感染について勉強しているわけではない。また、自ら調べるような人はここにはいない。このグループホームはあくまでも家の延長であり、家庭の主婦が介護をしているというスタンスに近い。

感染症をもっている人間が入居する場合は、アセスメントした者(特養なら相談員だ)が、職員全員に情報を流さなければならない。高齢者は注射針の共有が当たり前の時代であったし、歯科も衛生が今日ほど徹底していなかった。また、手術の際の輸血による感染も多い。買春が当然のような時代だ。夫から感染した女性も多い。そんなわけで、B型、C型肝炎はよくあるし、梅毒もかなりの数がいる。今後はHIVも出てくるだろう。怖がっていたら医療者・介護者は勤まらない。情報と正しい知識が必要である。

今回のケースは施設側のミスだ。それにしても、施設によってこんなに差があるとは驚くばかりである。

ただ、思う。
職員の介護知識は特養よりも下だが、入居者は健やかに自由に暮らしているのである。不思議なものである。職員のレベルと入居者の長生き年数は反比例しているような気がするのだ。


ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 23:10| Comment(5) | TrackBack(0) | グループホームって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪あらし。さん、こんにちは。

最後の部分、とっても興味深いです!
研究継続希望します〜
Posted by みやび at 2015年03月18日 15:01
★みやびさん、こんばんは♪

おぉ、みやびさん、了解しました。
上半期の研究材料と致します(^O^)/
Posted by 雪あらし。 at 2015年03月18日 20:29
雪あらしさん、こんばんは♪
雪あらしさんの最後の文章に考えさせられました。特養では全部の施設がそうではないかも知れませんが、私の知っている特養では利用者は楽しそうには過ごされてないなと思いました。
Posted by 赤鯉 at 2015年03月19日 19:20
★赤鯉さん、こんばんは♪

そうですか。
特養は職員も入居者もロボット化していますよね。
そうなるところも今後書いていきたいです\(◎o◎)/
老いて、役割もなく坐るか寝るかで楽しくもないとは、死ぬのを待つようなもんです。
許し難い!
Posted by 雪あらし。 at 2015年03月19日 21:29
地方でグループホームの介護(ヘルパー2級)をして1年半くらいになります。
私は機械メーカー出身のせいか、新人さには自主的にレクチャーしてます。

ところで、確率的には低くても、何かの社会的な要因で、グループホームのC型肝炎などの利用者さんが18人とか27人になる可能性はあるのですが、そこで出る医療廃棄物の処分は多くの自治体では家庭ごみ扱いのままで、一般用ビニール一重で出して良いのです。
懸案事項とはなっていますが....。

これは、回収業者さんも知っていることだと思っていたのですが、ダンボールが未回収になるので事務からクレームしたら、担当者が新人さんに変わってて、細かいことを知らなかったんですね。アワワ。
Posted by MQF9 at 2015年06月09日 14:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415794223

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。