2015年02月25日

人相さんの無断欠勤事情。

アルバイトしているグループホームの担当看護師と一週間ぶりに会った。この看護師は仕事もできるが、感情が安定していて高齢者に対しても良好なコミュニケーションが取れる人だ。

介護の場は、時に宝のような人材がいて、町の片隅の保障も十分でないような場所で一生懸命に仕事をしていたりする。一方で、ヒラメクラスの人間が大きな施設長室で、甘い汁をチュウチュウ吸うことを考えていたりする。だから、私は、理事長とか施設長とか名前では信じない。奴らは総じてチュウチュウ族なのだ。

さて、アルバイト看護師にしておくには勿体無いナースに、人相さんの話をすると途端に嫌な顔をした。
「雪あらしさんがどこまで聞いているのか知らないけれど、そりぁ大変だったのよ。不祥事のことは聞いた?そう、あれもすごかったし、実際、彼女自身も巻き込まれていたのよ。その話とは別に、あの人、はじめはディサービスで雇用されたんだけど、そこでトラブルが多くて、上の*フロアに移動して、今度は欠勤に次ぐ欠勤でね、当てにならなかったのよ」注)*グループホームは2つのフロアに別れている。また、ディサービスも異なるフロアに設置されている。

「休みの理由もね、子どもが熱を出した。子どもが交通事故にあった。母方のおばあちゃんが救急車で運ばれた。父方のおばあちゃんが死んだ。母方のおじいちゃんが倒れた。父方のおじいちゃんが死んだ。猫が生爪を剥いだ。自分が倒れたってね。次はどういう理由か皆、半ば楽しみにしていたくらいだったの。でもね、ほら、日中の介護スタッフは一人でしよう? 出勤の5分前くらいにそういう電話が来るもんだから、急遽休んでいるスタッフに出勤を頼んだり、シフトを組み直したりして大変だったのよ。そのうち彼女も殺す人がいなくなったらしくて(笑)無断欠勤をし始めたの」

「それでこのフロアに来る前、会社側としては退職してもらってかまわない。一旦引き受けてくれという話しになって移動してきたのよ」

「パチンコ仲間の同僚ヘルパーが「そろそろちゃんとしないと職を失うぞ」って警告したらしくて、その後は欠勤も無断欠勤もなくなったのよ」

興味尽きない人相さんであった。
ちなみに私には、「90歳の祖母の介護をして寝不足」と言っていたが、それは父方の祖母なのだろうか母方の祖母なのだろうか。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | グループホームって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪あらしさん、こんばんは^_^
いや〜新たな登場人物が出現しましたね。
それにしてもいろいろな理由を使い果たしてしまった人相さん(ーー;)
この人言ったかな〜とかわからなくならないかしら?(゚Д゚)
また楽しいお話し楽しみにしてます(^O^)/
Posted by 赤鯉 at 2015年02月26日 18:33
★赤鯉さん、こんばんは♪

「もう殺すひとがいないんじゃない?」と陰で笑われている人相さんです。
欠勤もいけないことですが、問題は欠勤よりも言葉かなと思います。
Posted by 雪あらし。 at 2015年02月27日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/414637957

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。