2015年01月22日

ホワイト・アウトの中、市電が動かなくなるの巻。

私の勤めているところは、市電で何駅か行かなければならない。この市電というのが本当にゆっくりとした乗り物で、住宅街を縫って走っていく。

先週末の恐ろしい「雪あらし」の時、土曜日だというのに私は仕事だった。5時半に終わり、外に出たらもうホワイトアウトで、市電の停留所に着くと長い人の列が続いていた。電車は6時になっても、6時半になっても来ない。都市部というのに、真っ白で先が見えず、時折突風が吹くので電停の柱に掴まって飛ばされるのを防いだほどだった。すさまじい積雪で市電のレールも見えない。「この分じゃあ電車は来ない。あきらめよう」と列から離れる人がボツボツと出てきた。が、タクシーも来ない。こんな真っ白い風の中をどうやって歩いていけばいいのだろう。

7時を過ぎてやっと電車が来た。待っていた人たちは、真っ白な人柱のようになって、震えながら電車に乗り込んだ。そこから、大通り駅に連結する終点まで15分ほどだ。

やれやれとホッとしたのもつかの間だった。電車は少し走っただけで止まってしまった。雪がつかえて動かなくなってしまったのだ。車が埋まった時に脱出する要領で前後に揺するが、前に進むのはほんの少しだけ。電車の中はまったく暖房が効いていない。それでも外よりは暖かいから、フードや肩や凍ってしまった前髪から融けた雪がぽたぽたと水滴になって落ちる。ブーツの中のつま先は冷えてその寒さが内臓まで浸食していくようだ。

「ささら電車が来ないのかな?」と誰かが話している。あぁ、そういうものがあったな。

A8C8790.jpg
ささら電車とはこういう雪かきタイプの電車で、レールの雪を取り除いてくれる。

運転手が交信している無線の声がかすかに聞こえるが、ささら電車は手一杯でまだこちらにはこれないようだ。

そこに、女性の声が挙がった。
「誰か、携帯電話で救急車呼んで下さい。この女の子の具合が悪そうなの」

ドアを挟んで向こうに見える女の子は椅子に寝かされていた。遠目にも顔が真っ青だ。近くの男性が直ぐに救急車を呼び、クラッシックバレー風ヘアスタイルの女の子に年齢を聞いている。

「12歳だそうです。一人でいます。場所は、市電の中です。いえいえ、動いていません。止まっています」

乗り込んできた救急隊員は女の子を軽々と背負って救急車の中に入っていった。サイレンを音を聞いてしばらくすると、向かいに座っていた中年男性がいびきをかきだした。

「凍死か?」
人はあまりに寒いと眠ってしまい、そのまま死ぬというではないか。しばらく注意していたが、しだいに自分の足先に感覚がなくなってくるのを感じた。
「凍傷か?」

高倉健が亡くなった時に観た、『八甲田山』の死の行軍が思い出される。彼らは大変な薄着だったそうだ。どんなに寒かったろう。寒いというのは辛いもんだ。

やっとささら電車が到着し、レールの上を走ったのは、もう8時も回っていた。

女の子はどうしているだろうか。
そして、周りの人たちは風邪を引かなかったのだろうか。

家に帰って母に聞いた、
「札幌って、昔からこんなに吹雪いたっけ?」
「むかしっから、吹雪いていました!北海道だから!」
「・・・・」

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 16:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 北海道はお好きですか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
札幌は私が住んでいる場所よりも緯度的には南にあります。
それなのに、雪や寒さについてはずっと厳しいですね。

雪あらし。さんのハンドルネームそのままですね。。。

それにしても無事に帰宅できて良かった〜。
この冬は寒波の当たり年なのかな。
充分に気をつけて下さいね。
(お母さんに、別に今の冬が特別な寒波ではないとコメントいただきそうですが^^)
Posted by Sara at 2015年01月23日 07:09
★Saraさん、こんばんは♪

最近のこういう天候を「爆弾低気圧」というらしいです。
すごい名です(;一_一)

東京ではここ数年「ゲリラ豪雨」があり、突然、空模様が変わり、大粒の雨がバケツをひっくり返したように降ってくるということがあります。
「ゲリラ」も「爆弾」も恐ろしいネーミングですが、個人的には「ゲリラ豪雨」は一時のもので人が亡くなったとは聞かないので、こちらが好きです(^_^)/

これほどの豪雪地帯で200万人が住む札幌クラスの都市は、他にはないでしようね。
シカゴは寒いですが、降雪はほとんどないでしょうし、モスクワもそうだと思います。
札幌は冬季は181億円ほどの除雪費やロードヒーティングにかかります。

驚きの北国でござるです。
Saraさんも風邪に注意して下さい。
(●^o^●)

Posted by 雪あらし。 at 2015年01月25日 22:02
雪あらしさん、こんにちは♪
ひどい目に合いましたね…(T-T)
雪あらしさんの名前通りだったのですね(>_<)
雪あらしさんの体調は大丈夫ですか?
お母様のセリフがピシャリとこの話を締めてますね〜(*≧∀≦*)
こちらはまだ積もるほど雪は降ってませんが2月はどうなることやら…(´Д`)
気をつけてお仕事頑張って下さいね(^-^)v
Posted by 赤鯉 at 2015年01月26日 13:41
★赤鯉さん、こんにちは♪

赤鯉さん、お元気ですか?
お久ぶりです^0−
ニッカの創業者の竹鶴氏(まっさん)は、「雪の降る町を」が大好きでよく歌っていたそうです。
しかし、降るなどという「なまらはんちゃく」な騒ぎではありませんでした。
はっちゃく太鼓ですね。

母はピシャリと二言目には「ここは北海道だから!」といいます。
そう、ここは北海道だから。
蝦夷地だから。
(*0*)
Posted by 雪あらし。 at 2015年01月27日 14:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。