2015年01月06日

介護業界というところ。

お正月休みの間にブラック社会福祉法人の元の同僚たちからメールや電話が来た。「あけおめ」の後は再就職の話が多かった。皆、早々に再就職先を決めて勤務し始めているが、蓋を開けてみると、再就職先もブラックとは言わないまでもグレーだったり、職員間のいじめに苦しまされたりで、業務以外の悩みを抱えているのである。

介護業界は落ち着きのない所だ。人が辞める、人が入る。大きな施設だと今すれ違った人は誰なのかわからないこともある。朝礼で新人職員を紹介してくれるならよいが、現場に放りっぱなしだとわからずじまいだ。早々に退職したりすると名前もわからないお別れである。こんな業種は他にあるだろうか。使い捨て、使い回しのような扱われ方としかいいようがない。名前などよい。職員間交流などよい。まずは頭数だと言わんばかりだ。

介護業界は気ぜわしい所だ。圧倒的に中途採用者が多く、それぞれの経験がものを言う。相手が異なる介護アプローチをした場合は認めることができない人が出てくる。福祉はビジネスである。誰が行っても良質で差異の少ないサービスを提供しなければならない。ある企業に部品を発注したら、規定通りに作製する、その部品を壊れないように梱包する、納期は守る。それが積み重なって信用になる。相手は部品ではないですって?そう、相手は人間だし、こちらもマシーンではない。しかし介護や相談業務の基準となるボーダーはある。そのボーダーには尊厳とかモラルが入っている。

介護業界は人間関係が厄介なところだ。中途採用が多いということはバックグランドもいろいろということだ。そして各専門職がいて格差が生まれる。それぞれがうまく機能すると、おいしいサラダボールになるのだが、そうはなかなかならない。トマトはじぶんが一番と主張し、きゅうりは私がいないと始まらないと言い出し、レタスは自分の上質さを述べる。

朝日新聞の日曜欄に「悩みのるつぼ」という人生相談のコーナーがある。美輪明宏、岡田斗司夫、金子勝。そして上野千鶴子という錚々たる且つキャラ立ちしているメンバーが回答をしている。上野千鶴子へ以下のような相談があった。
《相談》
「介護現場で悩んでいます」 相談者 女性 20代
 「20代の女性です。2年前、ヘルパー2級講座を受け、勉強をし、実習でも「介護」について学びました。 でも、実習先はひどいもので、現場は時間に追われ、職員同士はイライラし、笑顔なんてある場所ではありません。講習では「思いやり」という言葉が何度も何度も出てきました。現場は「適当」そのものです。
食事でも主食、おかず、食後の薬まで一緒にまぜて急いで食べさせる。こんなことを自分ができるのかと思うと、私は無理です。それでも最近の仕事の募集は「介護職」ばかりです。
 思い切って、私はそんな対応はしないと思い、2カ月前から派遣として仕事に就きました。私が入ると、今までいた職員が次々と辞め、1人でお風呂、1人で10名ワンフロアをこなし、1人でおでかけも。
 こんな、いつ転倒してもおかしくない状態に置かれていては「思いやり」の気持ちを持つことはできません。会社側は派遣終了後、直接雇用を薦めてきます。ですが、私はこんな危険な体制では不安です、と強く訴えましたが、人を集めるようがんばっていますという言葉のみ。
私にはブランク(2年)もあり、経験もないので、利用者にケガでもされてしまうのではないか、と怖いおもいです。
 このまま続けることが怖い私は、辞めずに「適当」にこなしていけばいいのでしょうか」

《回答》
「自分の働きやすさを優先して」回答者 社会学者 上野千鶴子

「うーむ。多くの介護現場であなたのおっしゃる通りの現状であることは承知しています。お年寄りの人格を無視した流れ作業、声を掛けてあげたくてもその余裕さえない職場、不安に立ちすくむひとりっきりの夜勤。都内の某高齢者施設でワン・フロア25人の重度のお年寄りを若い職員がたったひとりで見る夜勤シフトを聞いて、私なら足がすくむだろうと思ったものです。
だからこそせっかく志を抱いて資格を得たのに、現場でバーンアウトする介護職員が絶えず、の離職率が低下しないのでしょう。この不況のさなかでも介護市場にかぎっては有効求人倍率がつねに1.0以上。募集が求職者よりも多い現場では、使える人材は常勤職員として採用したいという施設側の事情もわかりますし、あなたがそれに腰がひける思いをしていることもよくわかります。
 こんな綱渡りのような勤務を続ければ介護事故が起きるかもしれません。常勤だろうが、派遣だろうが、事故の責任は同じ。管理者だけでなくあなた自身の責任が問われます。このまま「適当」に続ければ感覚の麻痺と思考停止に陥るか、バーンアウトするか。そのうち、今の気持ちも忘れて、あなた自身がお年寄りへの加害者になっているかもしれません。
 派遣という立場を生かして、いくつもの職場にお試し雇用を経験なさってはいかが?そのうちどの職場がよいか、何が問題か、がわかってきます。評判のよい施設には自分から飛び込んでみましょう。そのうえで信頼できる(ここなら親をあずけてもよいと思えるかどうかが、ポイントです)職場を選びましょう。
 ほんとうは働く人も利用者も「選択の自由」を持っているはず。良貨が悪貨を駆逐するのが市場の法則なのに、他に行き場がないばっかりに悪質な事業者がはびこっています。施設には適正な競争をしていただいて、劣悪な施設や事業者が淘汰されていけばよいのですけれど。施設が高齢者のためのものではなく、「年寄りを家に帰してほしくない」家族のためのサービスになっていることが大問題なのですが。だからといって、介護事業の問題だらけの現実にあなたが責任を負う必要はありません。自分の働きやすさを第一に優先しましょう。介護のしごとに志したあなたのような人材を、またひとり失いたくはありませんから」

<良貨が悪貨を駆逐するのが市場の法則なのに、他に行き場がないばっかりに悪質な事業者がはびこっています>
介護業界ばかりはこの法則は当てははまらないようだ。これをやっていると、物言いがついた施設ばかりになり、行き場のない高齢者が溢れる。厚生労働省もわかってはいるが、どうもできないのが現状なのだ。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
大都市では職員の定員割れで閉鎖する施設もあると数日前に新聞に出ましたね。
そんな中、政府のとる対策は“介護員の月給一万円アップを目指す”らしいですね。
呆れてものも言えません(-_-;)
国会議事堂でお昼寝して、いっぱいお金を貰っている人間には分からないだろうし、分かろうとも思ってないんでしょうねー。
Posted by 介護士マッキー at 2015年01月07日 00:28
★介護士マッキーさん、こんばんわ♪

この記事はマッキーさんに書いたつもりで、最後にアップルのスティーブジョブズの言葉「私は、本当に好きな物事しか続けられないと確信している。何が好きなのかを探しなさい。あなたの仕事にも、恋人にも好きな仕事なら続けていきなさい」を書こうと思ったのですが、結局書けませんでした。
だから、コメントがマッキーさんから届いて嬉しいです。
精神的・経済的に安定した雇用がまず第一です。
退職まで秒読みですね。
静かに遠くから応援しています。
(●^o^●)
Posted by 雪あらし。 at 2015年01月07日 16:33
こんばんは。
仕事内容としては、好きか嫌いかで言ったら、好きです。
向いているか。と言われたら、答えられませんが(^-^;
ただ、子どもの頃から憧れていた職業なので、これ以上嫌な想いをして仕事を嫌いになってしまうのが怖いです。
好き。を仕事にするのは、幸せであり、不幸だなぁと思います。
それでも、ドMな私なので、周りの環境に文句を言いながらもこの世界に身を置き続けるような気がしています。笑
退職まで、出勤はあと2回です!
Posted by 介護士マッキー at 2015年01月08日 00:25
★介護士マッキーさん、こんにちわ♪

昨日はホワイトアウトで遭難しそうになった雪あらしです。
人生もホワイトアウトです。

マッキーさんのような人は介護の仕事を離れてはいけない、と私だけではなく、あなたを知っている人は誰もがそう思うでしょう。
が、あのとんでもない過酷な現場(介護の過酷なことならマッキーさんは乗り越えていけると思いますが、違う面での過酷さ・・・人間関係、従業員も入居者も駒としか考えない経営陣との温度差の中でがんばれとはとても言えません。
それでスティーブン(彼とは友人でもありませんが;0;)の言葉を書けなかったのです。
でも、マッキーさんがこの仕事にまた戻ることがあったら、その時はマッキーさんの力で介護の世界が変わるような太陽になってほしいですし、あなたならできるでしょう。
私も相談業務が好きです。
自分のできる範囲でやはり家族と入居者のために時には体制側と闘っていこうと思います。
もちろん、今後は方法を変えて自分を大切にしながら、ファイトを出すということです。
あと二日間、気をつけていってらっしゃい。
(*0*)
こう書きながら、やはり5月のあの日にこういう日が来るなんて想像もできませんでした。
あなたが最後まで闘ったのですね。
あのヒラメの涙袋を最初から最後まで見たのはあなたでした。
お疲れ様でした。
Posted by 雪あらし。 at 2015年01月08日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。