2014年12月16日

私はブラック社会福祉法人にいるの巻34 合意していないが合意書なのだ

法人側は、
「退職願を出してもらう。つまり自己都合退職としてもらう。それが不満であれば、裁判でもどうぞ」と言ったらしい。その回答が弁護士から私にあったのは先週のことだった。それについてまたまた来てほしいというので本日すっかり回復していない体を引きずって弁護士事務所に行く。ここ数日間の豪雪は恐ろしいほどで、街中は真っ白けなのである。

いつも元気な小太り弁護士は、「雪あらしさんの言い分は十分にわかっています。納得できない気持ちもあるでしょう。しかし、裁判になっても勝てるという保障はありません。裁判長によってはこちらが敗訴になる可能性さえあります。法人側は雪あらしさんよりも多くの弁護士費用と給与という名目であっても金銭を支払うわけです。負けではありません」と優しく言う。
顔のほとんどがマスクになった私は、「一身上の都合という退職願を出し、それが「受理」されるという図式はまったく納得できません。ただ、もうこれ以上長引いても保険のこともあるので終わりにしたいと思います。退職願は書きますが、合意書には「こちらの都合で」という言葉はいれません」と突っ張った。退職願があっても、弁護士と交わした契約書、相手に出した文書で労働争議になったことは明らかである。合意書に、法人の非によってという言葉がなくても裏づけできるものがあればよい。だから私の都合により退職という言葉も入れたくなかった。

「わかりました。やってみましょう。何度も言いますが、雪あらしさんにとって決して不利な結論ではないと思います」
「・・・そうですか」
「法人に一石を投じるという形になったと思いますよ」
「・・・・それはないと思いますね」
「いえ、こういうことがあると同じようなことは二度とできないはずです。ですから、これは大きな出来事だったと思いますよ」
「・・・そうですか」

じゃあちょっと待って下さいねと弁護士は書類書きのために中座した。私はバックをおもむろに開けた。バッグにはティッシュパーパーが一箱入っている。シュシュシュと立て続けに3枚テイッシュをとって、大きな音を立てて鼻をかんだ。風邪を引いて今日で11日目である。ウィルスの残骸は鼻水や痰になって排出されてくる。私の体にいた風邪ウィルスは今は母を宿主にして生息活動をしている。(あぁ、のどが渇く)いつも思うが、弁護士事務所というところは茶の一杯もでないところなのだろうか。

弁護士が戻ってきた。手には作成された私の退職願があった。それにサインと捺印をした。退職年月日は11月29日。

支払いについて、私は、「法人は大変にだらしないので、日にちを決めたほうがいいのではないでしょうか」こう私は言った時、小太り弁護士はきらんと顔色を変えて、
「その時は裁判でしょう!」と言ったのだ。
「・・・そうですか」

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
この記事へのコメント
雪あらし。さん、お疲れ様です。

まだ体調も良くないところ、雪の中を大変でしたね。
本当にお疲れ様でした。良く頑張りましたね。
弁護士は私が心の中で3度ぐらい背負い投げをしておきましたから、そのうち五十肩とぎっくり腰にでもなるでしょう。許せん奴です。うちの上司かと思いました。

でも、雪あらし。さんの決断は個人として正しいと思います。全面的に賛成です。
全ての状況を考えると、これ以上引きずるのは雪あらし。さんの利益にならないです。

ブラック法人は表に晒して、入居者無しとしてやりたいですが、それを雪あらし。さんの負担だけですることはないし、お金やら権力やら縁故やらで、奴らの後ろにへんな政治家でもくっついていた日には、雪あらし。さんの被害が膨らむだけですから。
ここはさっと片づけて、雪あらし。さんの態勢を立て直してから、ブラックを潰せるならこれまでの同僚さん達と別の手段で公にするなどを考えられてはいかがかと思います。

その為にはまず、雪あらし。さんが早く奴らから離れて、心も体も、社会的にも経済的にも元気になることが大事です。
これまでブラックから離れる為に使ったエネルギーを、今度はご自分の良い将来の為だけに使って下さい。
頑張れ〜〜〜!そして、お大事に。
まず、風邪を治して元気になって下さい。
Posted by Sara at 2014年12月16日 22:13
雪あらしさん、こんばんは^_^
身体が本調子でないのにお疲れ様です。
納得出来ない部分もありますよねo(`ω´ )o
でも赤鯉としては早くそんな奴らとはおさらばして欲しいと願っています。
ただただ雪あらしさんの心と身体が心配です。
今年もあと少し…最後にはいい報告をお待ちしております(^O^)/
Posted by 赤鯉 at 2014年12月19日 19:37
★Saraさん、こんにちわ♪

コメントをいただいていたというのに、ご無沙汰をしておりました。

まったくSaraさんのコメントが胸に沁みます。
あまりにも的を得ているからです。
パワーダウンをしている今日この頃の私ですが、その言葉を胸に春に向けて一歩一歩がんばって生きます。

さて、政治的な話ですが・・・
この法人施設は、もともと九州にあるのですが、それからまったく<縁もゆかりもない>県に特別養護老人ホームを建設しました。
これが二件目の施設です。
縁もゆかりもないというのは本当で、これが県議会でも問題になって取り上げられたようです。
会議録では、ある県議が言うには、県内の社会福祉法人の参入が好ましいのに、なぜに九州の社会福祉法人が出てきたのか解せないという話になっています。
そこには、「ここの法人とある県議会議員が胡散臭いよねぇ」というニュアンスの言葉があります。
そして、札幌です。
札幌はその県よりもはるかに大きな都市であり、北海道経済、福祉産業を考えたときにどうして他県からの社会福祉法人の参入を許したのか不思議です。
他県の同族社会福祉法人が札幌の労働者の生活を不安定にし、高齢者およびその家族の安楽な生活を破綻させているのですから、札幌市議会もどういう了見なのでしょうか。
なにかからくりがあるのかもしれません。
ですから、Saraさんのおっしゃっている政治的なバックグラウンドは否定できないのです。

さて・・・
何ができて何ができなかったのか。
もう今年も終わりになってしまいました。
コメントのように、私は私の態勢を立て直してしっかりと生きていくしかないのですね。

Saraさん、ありがとうございます。
ブラックシリーズはそろそろ終焉を向かえますが、これからもネット内お隣さん距離でいさせて下さい。
Posted by 雪あらし。 at 2014年12月20日 15:26
★赤鯉さん、こんにちわ♪

ご返事がすっかり遅れてしまいました。
ごめんなさい。

札幌はすっかり根雪となり、足もとは悪く歩くのが一苦労です。
街中はもうクリスマスですね。
赤鯉さんはどう過ごしていますか?

いろいろとご心配ありがとうございます。
今日もあの施設は雪の中に建ち、特に新聞に取り上げられることもなくいるのですから、なにやらがっくりときます。
しかし、もう自分の今後を考えて少し頑張っていこうと思いました。

これまで本当にありがとうございました。
*・0・*

かわいこちゃん
Posted by 雪あらし。 at 2014年12月20日 15:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410750565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。