2014年10月08日

私はブラック社会福祉法人にいるの巻13 人間としてやってはいけないこと

 入居している男性は64歳。まだ年金を支給されていない。昨年末、脳梗塞を起こし、その後、高次脳機能障害と診断された。精神的にも肉体的にも大きな後遺症を負ってしまった。彼は悔やむように話してくれた。「酒もね、煙草もね、やり過ぎちゃったんだ。その時は楽しかったからね。倒れて失敗したと思っても後の祭りだよ」

 倒れた彼は病院で治療をし、その後リハビリを目的に老健(老人保健施設)に入所した。日本にはこういう人間が入所できる専門施設はほとんどない。だから認知症の老人に混じり生活するしかなくなる。80代、90代の高齢者の中で、今後の長い人生を老人保健施設や特別養護老人ホームで過ごすには気の毒だが、受け皿がない以上仕方がないのだ。

 入所後の彼は、そこにいない妻を「おぉい、おぉい」と呼び続け、時には苛立ち壁を叩いた。気に入らない介護スタッフを怒鳴る。しかし、彼なりの流儀があったようで、穏やかに介護しているスタッフにはそれなりの礼節を持って接していた。妻が帰りがけに言ったことがある。「前の施設ではこんなに感情のコントロールができないことはなかった。ここでは自分を理解してもらえないと思っているような気がする。そういうことに敏感な人だから。ごめんなさいね、こんなこと言って」

 どんな小さき者にも怒りには意味がある。ましてや大人の人間だ。酒、煙草で失敗した生活スタイルを悔いて話していた人間だ。狂人ではないのだ。彼の怒りの引き金は何か。この施設で引き受けた以上、彼の病気の特徴と施設の環境を、一からアセスメントし直す必要があったのだ。これはワタシの失策である。

 入所から一か月も経っていないにも拘わらずヒラメが言った。
「彼は精神科の領分でしょう?早急にどこか精神病院を探してちょうだい。介護スタッフに殴りかかったらしいの」この介護スタッフについては後日記述するとして、彼を積極的に入所させたのはヒラメである。その理由は負担限度額といわれる特養への支払いを示す数値が高いからだった。

 妻は彼がこの先も落ち着いて過ごせる場所ならばと、この施設を選択した。今さら、どうやってここから出て行けと言えるのだろう。それも精神病院に行けとどうして言えるのか。今日、ヘアカットされている彼の黒々とした髪の毛と大きな瞳を見ながら気が滅入った。

 精神病院入院は、ヒラメが考えるほど単純なものではない。このケースは医療保護入院となるはずだ。しかし、ヒラメは簡単に言う。「入院するかしないかは、相談員のあなたにかかっていますから」私が入院させるわけではない。彼の主治医の医療情報提供書も提出済みで、後は相手方の精神病院の医師の判断である。なにかのモノ売りのプレゼンテーションではないのだ。私がすることは現在の彼の状態をできるだけ事実に沿って説明するだけだ。

 このケースは、薬で微調節をするために数カ月入院するか、通院しながら服薬により対処療法を行うかだろう。ヒラメの思うような、ずっと入院などないのである。それにしても、こんなことになるのなら老健にいたほうが彼のためだったのだ。彼と家族に申し訳ない気持ちだ。

 精神病院の受診に際して有能なナースの同行を求めたが、こともあろうに自分の言うことを聞くイエスマンの腹心のケアマネ二人を同行させると言ってきた。「つい先日、入職したケアマネをつけてどうするのですか。環境面では相談員が、医療面ではナースが説明するのが妥当だと思います。ナースを同行させて下さい」と言ったが、ヒラメは「総力を挙げて、入院してもらいます」

わけわからん。アンタが入院せ。

 ヒラメよ、ケアマネはケアプランを作成する人である。おまけについこの前に職についた人で、当人の区別もついていない人だ。その彼女たちが診察室に入って何を語るのか。

 で、気がついた。私がちゃんと入院に向けて「積極的」に話しているかを確認したかったのだろう。嗅覚の発達したヒラメは私ができれば入院を避けたいと思っていることを分かっていたのだろう。

 稲葉選手.png
稲葉選手、ありがとう!日本一に向けてまだまだ頑張りましょう!

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
この記事へのコメント
お疲れさま。
彼はとても優しい人です。
夜中にオムツ交換に行った私を出稼ぎの外国人と勘違いし
大変だなー頑張れよ。と声を掛けてくれました。
おまけに、日本語も教えてくれました。
とても穏やかな口調で。
きっとそれが彼本来の性格なのだと思います。
Posted by 介護士マッキー at 2014年10月10日 01:24
雪あらしさん、こんばんは^_^
ひらめという人は本当にどうしようもないですね。
職員の皆さんが利用者様の事をいろいろ考えてやってらっしゃるのに…
何とも遣りきれない気持ちになりますね。
Posted by 赤鯉 at 2014年10月10日 23:55
★介護士マッキーさん、こんばんわ♪

出稼ぎ外国人と間違われたのですね。
フィリピンあたりでしょうか(;一_一)

彼は具体的に自分が受けた介護や人についても話しています。
その中での不満や優しさも語っています。
認知症だから信憑性がないなどと逃げるのは許しませんぜ・・・と思っています。
彼を巡って大きな力が働いているようです。
このままでは彼は、精神病院に死ぬまで収監されるおそれがあります。

彼は好き嫌いがはっきりしていますが、そこにはちゃんとした意味があります。
人間としての指針のようにも思えます。

彼が安楽な環境に落ち着くまでお知らせしようと思います。
(●^o^●)
Posted by 雪あらし。 at 2014年10月10日 23:56
★赤鯉さん、真夜中です♪

今後も彼についての話しをお伝えしようと思っています。
このことを伝えたら、個人的にはFINという感じがします。
できれば、この施設から全ての高齢者が転居してくれたらと思います。
今いる沢山の高齢者の最後の生活をサポートできませんでした。
情ないですし、申し訳ないです。

Posted by 雪あらし。 at 2014年10月11日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406781924

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。