2014年05月17日

『アナと雪の女王』を観に行ったの巻。

仕事先に提出する健康診断を取りに行き、ふと『アナと雪の女王』を観ようと思い立ち、札幌シネマフロンティアに行った。親子連れでごった返している。次の上映は5席しか空きがないらしい。ちびっこの後ろに並んで、チケットを一枚購入した。よほどの仲の友人は別だが、映画は基本的に一人で観る。

DSCN2458.JPG
人だかり。

映像の美しいことったらないのだ。人形のような人間のような主人公たちと、絵のようなリアルのような氷や雪の世界にどんどん引き込まれる。そして、松たか子の力強い歌声。

「ありのままの〜♪」

エルサ@.png

自らの魔法のために10代の日々を城で閉じこもるように生活していたエルサが、自分の力(魔法)を解放し、苦しいながらも生きていることを実感するその感動的な場面で、彼女はどんどんと美しく変貌していく。ウエストは締り、足は細く長く、顔の丸みは消え、ブロンドの髪は豊かに背中に流れていく。氷の城が出現し、氷の階段からエルサがぴったりとした薄いドレスに半透明のラメのストールを揺らし、歌いながら降りてくる。

「ありのままの〜♪」

まるで銀座のbPホステスみたいである。バブル時代の銀座の高級サパークラブ「アイス・キャッスル」のエルサさんではないか。しかし、周りのちびっこは私の妖しい空想なんか露も知らずに、つぶらなおめめでエルサさんこと氷の女王を観ているのである。

エルサA.png

エルサは愛の力で凍った国を溶かし平和に導くのだ。その原動力はアナだ。いつものディズニーと決定的に違うのは、愛の力は男女のものではないことだ。人間愛の力、家族愛の力、きょうだい愛の力、友への愛の力、他の生き物への愛の力なのだ。つまりは包括的な愛ですな。

映画館を出ても消えないあのメロディ。

「ありのままの〜♪」

今も消えないあのメロディ。

「ありのままの〜♪}

エルサB.png
エルサ様。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村


posted by 雪あらし。 at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 観たり聞いたり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪あらしさん、こんばんは(*^^*)
今、大人気ですものね〜♪ヽ(´▽`)/
確かにあのメロディは頭にこびりついてしまいます(>_<)
私も観てみようかな〜(//∇//)
Posted by 赤鯉 at 2014年05月19日 18:52
★赤鯉さん、こんばんわ♪

まだ行っていませんか?
是非、観て下さい。
楽しめましたヽ(^。^)ノ
そうそう、アナの歌声は神田さやかです。
時おり、ぎょっとするほど、松田聖子の声に似ていました。
Posted by 雪あらし。 at 2014年05月19日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。