2015年03月20日

高校生の会話

1月。円山のスタバで。おしゃれで賢げな男子高校生二人の会話。

「早稲田90パーだから、大丈夫そうだんだ」
「おっ、よかったな。俺もなんとかなりそー」
「ところでさ、おまえの彼女の顔ってすでに完成されてるよな」
「美魔女になると思うんだ。将来楽しみだよ」
「俺は顔じゃないから。やっぱ、お人柄だと思うんだ」
(−る−)

2月。朝の地下鉄駅。隣にいたのはずっと若い後輩二人組。あの頃と変わらぬ厚手の紺色のコートを着ている。耳をそばだてる。

「ヒガシ先輩ってかっこいいよね」
「ヒガシ先輩って48なんだって」
「でも、マッチ先輩は50だし」
「だよね。先輩たちいいよね」
(。。?)

3月。
地下鉄の女性車両で短い足を投げ出して爆睡しているオヤジが一人。ピストン運動している地下鉄にずっと乗車しているようだ。7時から女性車両に切り替わったことを知らないで安らかな顔である。それを見た女子高校生の会話。

「あの人おじさんかな?それともおばさんかな?」
「おじさんだと思う。多分、寝過ごしたんじゃないのかな」
そこにおばさんが登場。
「ちょっと、もしもし、ここは女性の場所だから、違う車両に行って下さい」と起こされた。驚いたおじさんは追われるように隣の車両へ。
「おじさん、ちょっとかわいそうだったね」
「仕方ないよ、おじさんだから」
(+0+)

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 16:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の出来事。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。