2015年03月20日

高校生の会話

1月。円山のスタバで。おしゃれで賢げな男子高校生二人の会話。

「早稲田90パーだから、大丈夫そうだんだ」
「おっ、よかったな。俺もなんとかなりそー」
「ところでさ、おまえの彼女の顔ってすでに完成されてるよな」
「美魔女になると思うんだ。将来楽しみだよ」
「俺は顔じゃないから。やっぱ、お人柄だと思うんだ」
(−る−)

2月。朝の地下鉄駅。隣にいたのはずっと若い後輩二人組。あの頃と変わらぬ厚手の紺色のコートを着ている。耳をそばだてる。

「ヒガシ先輩ってかっこいいよね」
「ヒガシ先輩って48なんだって」
「でも、マッチ先輩は50だし」
「だよね。先輩たちいいよね」
(。。?)

3月。
地下鉄の女性車両で短い足を投げ出して爆睡しているオヤジが一人。ピストン運動している地下鉄にずっと乗車しているようだ。7時から女性車両に切り替わったことを知らないで安らかな顔である。それを見た女子高校生の会話。

「あの人おじさんかな?それともおばさんかな?」
「おじさんだと思う。多分、寝過ごしたんじゃないのかな」
そこにおばさんが登場。
「ちょっと、もしもし、ここは女性の場所だから、違う車両に行って下さい」と起こされた。驚いたおじさんは追われるように隣の車両へ。
「おじさん、ちょっとかわいそうだったね」
「仕方ないよ、おじさんだから」
(+0+)

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 16:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の出来事。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

C型肝炎の恐怖にざわめくホーム。

各施設には入居者データ(ファイル)というものがある。東京で勤務していた施設は特養とショートスティだけで150名近い入居者がいたので、ファイルがずらりと並んでいた。相談員用のファイルと現場用のファイルがあり、介護職員も常にこのファイルを読み込んで介護にあたっていた。その人がどこで生まれどこの学校を出て、誰と結婚しその配偶者との関係はどうだったのか、子どもは何人か、趣味は、性格は、話題にしてはならないこと、などアセスメントで知り得た情報が全てそこに落し込んである。介護スタッフの頭にそれらが叩きこまれているし、それが仕事の一歩なのである。ファイルは書き込まれ、削除され、また書き込まれ、生活とともに情報は増え、そして亡くなった後は5年間地下倉庫に保存される。医療カルテと同じ扱いだ。

グループホームはワンフロアに9名が居住している。特養の数から比較すると、「あぁ、ここは家なのだなぁ」と思うような小さな施設である。ここにも一人一人にファイルがある。しかしファイアを見て驚いた。ほとんど情報がかかれていない。その人がどういう生育環境だったのか、どのような経緯でそのグループホームに入居したのかがどこにも記載されていないのである。名前と家族氏名が書かれているだけの簡素なものだ。

高齢者は生まれた時から年をとっていたわけではない。私たちは利用者の長い歴史を知ることで個別性が生まれ、その人の人生がいきいきとしてくるのである。そして、なによりも会話のとっかかりになるし、家族とのコミュニケーションのツールともなる。そういう個人史がないのだ。

そういう薄い情報の中である女性がC型肝炎の抗体を持っているという記述をみつけた。何かとクレームをつける長女がキーパーソンの80代の女性である。

先日、大量の血便が出て入院し今は退院しているが、「ご存じと思いますが」という出だしで職員のノートに記入した。

「ご存じとは思いますが、○○さんはC型肝炎(+)の人です。退院後も血便が出ることがあると担当医からも言われています。介護の時はグローブを着用して下さい。特に血便の時には注意を要して下さい。厚労省の肝炎に関する冊子をコピーしましたので読んで下さい」
と書いた。

次に出勤した時が大変だった。
「知らなかった!」
「手がアカギレだからそこからもうウィルスが入ったかもしれない」
「食器は一緒に洗って大丈夫か」
「あぁ、もうだいぶ触ったからうつっているかもしれない」
「お風呂は最後にした方はいいか」
「お風呂の時はグローブで洗った方がいいか」

蜂の巣を突いたような騒ぎであった。
それぞれが疑問を口にする。必死である。わかる。誰もが家族がいる身である。知らないとことは混乱を起こす。ほとんどの職員がヘルパーであり、このグループホーム以外での勤務経験がない。介護福祉士のように国家試験のために感染について勉強しているわけではない。また、自ら調べるような人はここにはいない。このグループホームはあくまでも家の延長であり、家庭の主婦が介護をしているというスタンスに近い。

感染症をもっている人間が入居する場合は、アセスメントした者(特養なら相談員だ)が、職員全員に情報を流さなければならない。高齢者は注射針の共有が当たり前の時代であったし、歯科も衛生が今日ほど徹底していなかった。また、手術の際の輸血による感染も多い。買春が当然のような時代だ。夫から感染した女性も多い。そんなわけで、B型、C型肝炎はよくあるし、梅毒もかなりの数がいる。今後はHIVも出てくるだろう。怖がっていたら医療者・介護者は勤まらない。情報と正しい知識が必要である。

今回のケースは施設側のミスだ。それにしても、施設によってこんなに差があるとは驚くばかりである。

ただ、思う。
職員の介護知識は特養よりも下だが、入居者は健やかに自由に暮らしているのである。不思議なものである。職員のレベルと入居者の長生き年数は反比例しているような気がするのだ。


ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 23:10| Comment(5) | TrackBack(0) | グループホームって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

ある介護職員の小さな話。

どこの施設にも、よい人材がいる。そういう人がいると私は誰にも言わずに注意を払う。年下であっても、年上であっても、男でも、女でも、職種が違っても関係ない。そういう人はいろんなことを教えてくれる。

今いるグループホームでも一番若く経験の浅い職員を私はじっと見ている。いつも穏やかな笑顔で入居者と接し、不慣れな食事作りにも一生懸命だ。理不尽な先輩の要求にも気持ちよく応じている。こういう人がスキルを身につけたらなかなか良い介護士になるだろうなぁ思うのである。

「ボクは売られた喧嘩を買うどころか、そのまま逃げちゃうんですよ。穏やかに生活したいというか、自分の世界にそういう人を入れたくないので黙っているだけです」と言う。介護業界ではトゲトゲしいオーラをまとった人間が少なからずいる。そういう人に対しても、「まともに相手にしていても自分が疲れるだけですから」と大きな体を斜めにして静かに話す。

彼の視点は面白い。高齢者は80代から100歳超の女性がほとんどだが、若い頃に会ってみたい女性がいるらしい。「あの人は目が大きいからかなりきれいだったと思うんですよ」「あの人はなかなかブラックなところもあって面白いです」と話すのだ。

高齢者は突然高齢者になったわけではない。誕生し、青春時代を送り、働き、年老いて今がある。施設職員の多くが介護業務に追われ身体機能にしか目がいかなくなり、その人の生きてきた長い貴重な歴史を忘れがちになる。だが、彼は高齢者の過去も見ながら介護しているようで、私は静かに応援しているのである。そして、とても勉強になるのだ。


ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 11:49| Comment(6) | TrackBack(0) | グループホームって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

摘便はお好き?

摘便(てきべん)とは肛門に指をいれて便をかき出す医療行為である。若い時なら便秘になろうとも、うんこが固くなろうとも、自力で「ふん!」と踏ん張れば何とかなる。そういうのはトイレで繰り広げられる一人の世界だ。うんことは実に個人的なものである。

が、高齢になると肛門付近まで便が来ていても、いろんな理由から力むことができなくなる。看護師は医療用のグローブを着用し、グリセリンなどの潤滑油を指につけて肛門に挿入する。これはプレイではなく、生命にかかわる医療行為である。年を取るとうんこで他人を巻き込むことになるのだ。食べたら出すのが「人間だもの(みつを)」なのである。

アルバイト先のグループホームには100歳超えの高齢女性がいる。彼女のパッドに血液が付着していると何回か申し送りがされていた。家族は、直腸にせよ婦人科にせよ、検査をしても苦しいばかりなので静かに生活させたいと希望していた。家族としては当然の判断だ。それでも、職員が持ってきた血液が付着したパッドを見た時に何が原因なんだろうと暗い気持ちになっていた。

最近、リーダー格の男性職員がこの超高齢女性に摘便していることを知った。他の職員は皆知っていたようだった。リーダー格は前任ケアマネの書いた文章の打ち間違い部分に二重線を引き直し自分の訂正印を押すという面白いことをやる人で、私はひそかに「訂正印」と呼んでいた。万事につけよく気がつく人間であり、人当たりも良い。歯を出して笑顔のままで彼は、「今、摘便したら、ちょっと出血しちゃって、ちゃあんとオリーブオイルつけたのに」と同僚に話していた。

看護師でも摘便は難しいという。粘膜は傷つきやすく、ちょっとしたことで出血するのである。それに認知症高齢者であっても肛門に他人の指を入れられるのはストレスだろう。ましてや男性介護者だ。心にもやもやとした思いが湧く。

昨日はフロア会議だったので、摘便は医療行為で介護職員が自分の判断で単独で行うのは違法だと話した。驚いたのは医療行為と知らずにいた人がほとんどだったことだ。「訂正印」が笑顔で言うには、超高齢女性を3日間隔で摘便していたという。この高齢者女性は、訂正印が自分で設けた3日間ルールでうんこをほじられて出血していたのである。グループホームには1週間に一度、医者も看護師も来る。今後は医者や看護師と相談しながら排便コントロールを考えましょうと話しが終わった。

話は終わったが、何か気鬱になった。看護師でもない彼は寝たきりの若い女性の肛門に指を入れないだろう。高齢者だから行ったのだろうか。出血したことをどうして摘便と結びつけなかったのだろうか。個室にこもって一人で行う3日間ごとの摘便。大変だったろうご苦労様とは思わない。なにかが鈍く、なにかがおかしい。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村



posted by 雪あらし。 at 19:40| Comment(2) | TrackBack(1) | グループホームって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

川崎中1殺害事件。

18歳少年の家族はフィリピン人の母親と、再婚相手のトラック運転手をしている父親、母が同じ姉と父の連れ子の姉との4人暮らしだった。小学校の時にいじめに遭っていたという話もある。定時制高校を中退し定職もなくぶらぶらしていた。

こういうプロフィールから、加害少年には殺人に至るような心の歪みがあったのかと考える人もいるだろう。子どもは本来純粋な者で、非行に走るには生育環境の悪化など考慮すべき点がある、だから「更生」のための然るべき教育を受ければ、社会生活を送るに足る成人になるというのが少年法の根拠であると思う。が、本当にそうなのだろうか。

学校でいじめに遭うのは辛いことだ。いじめが原因で人間不信になり大人になっても友人ができない人もいるだろう。荒れる子どももいるだろう。自殺する者がいるくらい非道なものだ。が、それが殺人に結びつくだろうか。

親がフィリピン人や在日韓国人の子どももいる。謂われない差別に苦しんだり怒りを感じたりしている子どももいる。荒れる子もいるだろう。が、それが殺人に結びつくだろうか。

親の虐待を受けている子もいるだろう。それが原因で人を愛せなくなったり、自分の子どもを愛せなかったりすることがある。が、それが殺人に結びつくだろうか。

今回の殺人は憎しみとか衝動とかではないように思うのだ。まだ幼い少年の手足を拘束バンドで固定し身体の自由を奪い、頭を手で動かぬようにして頸動脈にナイフをあてる。首を切断するほどの勢いの傷で、神奈川県警の百戦錬磨の刑事をして、これほどの残虐な遺体は見たことがないと言ったほどだ。

18歳少年はかねてから「人を殺してみたい」と言っていたそうだ。近所の飼い猫を殺してトラブルにもなっていた。酒に酔い中年男性の頭部を鉄パイプで殴り鑑別所送りになっている。この話を聞いて思い出すのは、今年に入って起きた二つの事件だ。一つは佐世保の女子高校生が友人を殺しバラバラにした事件であり、もう一つは名古屋大学女子学生が宗教勧誘の女性を殺害した事件だ。双方とも加害者は殺人に興味を抱き、「人を殺してみたい」と考えていた。

人口の一定数には、人の痛みが想像できない人間や快楽殺人の傾向を持つ者がいる。人の首を締めながら興奮し射精する者もいる。穏やかに市民生活を送る人には信じられないことだが、殺すことそのものに興奮や喜びを感じたりする人間が確かに存在するのである。

人の痛みがわからないというのは比喩的な意味ではなく、本当に肉体を裂く傷みがわからないのだ。想像ができない。18歳少年がそういう性癖を持ち傷めつけるほどに内なるエネルギーが溢れたとしたら、それは被害者少年にとってとてつもない恐怖だったろう。

心優しい人は、「大人たちがなんとかできなかったか」と言う。「地域が守ってあげられなかったか」と悔やむ。しかし、地域コミュニティは幻想だ。高度経済成長の過程で核家族が急増し、家族が望んだのはプライバシーを守るということだ。他人の生活に立ちいらない。自分の子どもに対する関与は好まない。それが我々が望んだ現代社会の家族の位置である。だから子どもを守るのは親だけだ。日々に追われ沢山のサインを見逃してしまった母親と子育てを母親に丸投げした父親が、互いに連携をとり、せめて少年が中学卒業まで西ノ島で生活していたらと思うのは、他人である私の勝手な夢想であった。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の出来事。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

桐野夏生著『緑の毒』 / 思い出す介護業界最底辺医師のプライドとコンプレックス

緑の毒 (角川文庫) -
緑の毒 (角川文庫) -

医者が嫌いだ。医療界、介護界のヒエラルキーの頂上に君臨する横柄な彼らが嫌いだ。同じ病院で働く医療事務員や受付や検査技師や薬剤師を同僚とも思っていないし、看護師でさえそう思っていないだろう。傲慢な奴らが嫌いだ。

介護施設での医者の横暴はもっとひどい。経営者だったりすると絶対王政を敷き、どの職員もどの職員も王様の顔色を伺いながら話しを進めていく。思い通りにいかないと声を荒げるし、幼稚な手合いになるとファイルを投げたり暴言を吐いたりする。意思の疎通とか連携とか相互理解という言葉は彼らの辞書にはない、というか始めから辞書なんて持ってない。他者は下手に出て当然だと医者は思っているし、職業威信を刷り込まれたこちらもそう思っている。

意外に知られていないが、医者の世界にも格差がある。序列の上にいるのが国立大学の研究者、臨床医師である。次に公立の勤務医となり、開業医は「開業医になっちゃおしまい」と言われる存在である。この小説の主人公の川辺はそんなヒエラルキーの下部に位置する開業医である、そして妻カオルは自分より格上の公立病院の勤務医で、妻の愛人玉木もまた同病院の腕の良い救急医である。川辺は医者という肥大化したプライドと新設医学部卒開業医というコンプレックスの間で次第にマグマのような怒りや不満を膨張させていく。爆発寸前である。

川辺は爆発しないために、時々ガス抜きを行う。それは一人暮らしの若い女性の部屋に忍び込みレイプすることだ。その特徴ある医者ならではのレイプのやり方を手がかりに、被害者女性たちは徐々に川辺を追い詰めていく。法的な手段をとらずに、今日的なネットを利用したやり方で破滅に向かわせるのである。

さて、昨今は開業医よりも更に下部に位置する医者が存在する。それは介護施設の医者である。福祉業界で信念をもち高齢者医療のために懸命に働いている医者も知っている。しかし、中には他の病院で使いものにならなかった医者、親の施設を受け継いだという医者もいる。こういう医者と一緒に働いたら大変だ。川辺のようにプライドを持ちながら、医学界と離れた介護業界にいるというコンプレックスでとにかく荒れる。そして威張る。虚勢を張るのだ。「慶応のヤツラは馬鹿だからさぁ」と言われてもコチラは苦笑するばかりである。川辺のような医者は多いのである。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 趣味は読書なのである。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

須田桃子著『捏造の科学者 スタップ細胞事件』 / 小保方晴子氏の顔面力

捏造の科学者 STAP細胞事件 -
捏造の科学者 STAP細胞事件 -

本著は毎日新聞科学環境部に所属する須藤桃子記者が受け取った笹井芳樹氏の記者会見招待メールから始まる。山中教授のIPS細胞よりも衝撃的と言われた「STAP細胞」は、小保方晴子氏、笹井芳樹氏、若山輝彦氏が並ぶ華やかな会見から幕が開いた。と思ったら、その僅か2週間後にほころびが出た。ネィチャーに掲載された論文に疑義が生じたのだ。そして、世界の科学者たちが何度追試をしても、STAP細胞は誰も作ることができなかったのである。

本著は全12章から成っている。STAP細胞由来(と呼ばれた)のキメラマウスが緑に光る写真も掲載され、妙ちくりんなネズミの絵が書かれた子どものお絵書き帳のような実験ノートを撮った写真というお宝付きである。STAP細胞については、早稲田大学理工学研究所で修士を取得している著者の須藤記者が懇切丁寧に説明してくれているのでなにも心配はいらない。

さて、STAP細胞はES細胞が混入されたものとほぼ結論されているらしい。そして、そのES細胞は若山研から盗まれたもののようだ。そこまでやらかしてしまった小保方晴子氏は「本来、懲戒免職であるが、すでに退職しているので懲戒免職相当」(理研)で終わっている。

小保方晴子氏は決して美人タイプではないが魅力的な人なんだそうだ。若山氏は、「ボクのシンデレラ」と呼び、笹井氏は、「ボクは彼女のケビンコスナー(ボディガード)」と臆面もなく言っている。STAP細胞疑惑で日本中に激震が走っている時にも、「おぼちゃんを励ます会」なるものが理研のお偉方を中心に開かれていたそうだ。笑顔が眩しい(妖しい)ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授が言った、「晴子は天使だ」も有名な話だ。

チャールズ・バカンティ教授.png
チャールズ・バカンティ教授。小保方晴子氏はチャールズ・エンジェルと呼ばれていた。

小保方氏を擁護するのは、理研のおじさまたちだけではない。新橋のサラリーマンだってそうだ。インタビューで、「彼女はやっていない。顔を見たらわかる」と、論理性に欠けることを言うのである。確かに新橋リーマンは酔ってはいた。それではと、「たかじんのなんとかというテレビ」を観てみると、やはり「あの顔はそんなことのできる顔ではない」と言い切っているコメンテーター(竹田)がいて驚いたのである。おまけに「もういいじゃないですか。かわいそうだ」とまで言うのである。国家予算を使い、嘘だらけの論文を発表して科学コミュニティのみならず、世間を騒がせた事件でもあるにもかかわらず小保方氏はがっちりと守られているのである。

皆さんはご記憶にあるだろうか。森口 尚史を。☟

森口 尚史.png

「IPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を実施した」と大ボラを吹いた人である。日本国民は彼の顔を見てすぐに袋叩きを始めた。小保方氏の悪事に比べれば、森口氏はまだマシであるが、この違いはなんだろう。STAP細胞の記者会見を思い出そう。笹井氏の横に座る人物が髪を盛った可愛い系女子ではなく、禿の中年系男子だったらどうだったか。小保方氏ではなくメガネをかけた研究一筋の中年女だったらどうだったか。木嶋佳苗だったらどうなったのだ。

日本国民のほとんどが科学なんてちんぷんかんぷんなのである。小難しい科学のお話を聞くよりも小保方氏の割烹着の方が視聴率を稼げるのだ。マスコミだって科学の力なんかどうでもいいのだ。

さて、この本に戻ろう。読んで驚くのは小保方晴子氏の節操のなさである。博士論文は米国立衛生研究所のWEBサイトからのコピペ(コピー&ペースト)や画像の流用など、少なくとも26か所の問題点があったという。「小保方さんという人はそうとうなんでもする人ですよ」とはある研究者の弁だ。

釈明会見では、新橋系リーマンと理系おやじの両方の目を意識したバーバリーの紺のワンピを着てきた。全身に辛さと悲しみと申し訳なさと、そして男たちの庇護を必要として小さく震える小保方さんであった。「STAP細胞はありまぁす」と目を見開いて言いきった。甘く切ない声で言いきった。女性経験の乏しい男はこの目でこの声でだまくらかされるだろう。困ったものである。

この本を読めばそういう困った男たちも、「なるほど、これほどのことをやらかしたのって一体どういうことだい?」と次のステップに進めるのである。「どうして笹井氏ほどの人が見破れなかったのか?」と誰もがしばし考えるであろう。ノーベル賞を受賞した山中教授への嫉妬と必死の挽回に事の本質が見えなくなったのか。小保方氏への愛による盲目的信用だったのだろうか。それとも、その両方だったのか。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味は読書なのである。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

私はブラック社会福祉法人にいるの巻 番外編その4〜ヒラメの骨折〜

ヒラメが転倒して、右膝を骨折したらしい。教えてくれたT看護師によると、本来なら入院して後遺症を最小限に抑えるべきなのだが、ヒラメは通院のみの処置で松葉杖で毎日勤務しているという。監査で問題も指摘され、理事長をはじめ同族のトップからもいろいろと言われ、おちおち入院してもいられないのだろう。ご苦労なことである。

それにしても、ヒラメは臭いらしい。看護師は、「シャワーは浴びているようだけれど、洗浄が充分されていないようだ」と言う。それを香水でごまかしているのだ。マリーアントワネットでもあるまいし。

人の念は恐ろしいという。退職した職員、現職の職員一人ひとりがヒラメを思い浮かべる時に明るいイメージで思う者は一人もいないだろう。そういう沢山の大きな不快の塊がヒラメの骨折の要因だとしたらと思ったりもするのだ。わが身に置き換え、行いには充分に注意し、仕事では節度を持ちつつ一生懸命に遂行しようと思うのである。

ヒラメよ、年を取った時の膝の痛みはひどいものであるぞ。

ぽちりん↓ありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。