2014年04月20日

仕事仲間との別れも近い。

5月1日の入職に合わせて、今働いているアルバイトの2つ(HとN)を今月末で辞めることになっている。
オンナボスはなんだかんだと言いつつ、そしてオトコボスはそれなりに優しく受け止めてくれた。ご迷惑をお掛けしました。この二つのバイト先には昨年の11月末からお世話になった。


特にHの仕事仲間とは親しくなり、ジンギスカンを食べに行ったり、ドイツ料理を食べに行ったりした。私が出勤するのは、オンナボスのいない土日が多いので、どんどんエスカレートして周りも巻き込み楽しく仕事をしていたのだ。私たちはオンナボスを陰でホタテと呼び、ホタテダンスを踊ったり悪態の限りを尽くしていたのである。仲間たちはそれぞれの事情を抱えて一生懸命に働いている。そんな仲間たちとの別れは名残り惜しいが、私は旅立つ。


さて、先日行ったお店の紹介だ。

007.JPG
H近くのドイツ料理の店。ソーセージが濃くて美味しい。

002.jpg
店内は素っ気ない。ドイツワインやドイツビールが沢山ある。

005.JPG
なぜか中世の騎士のような甲冑があった。

003.jpg
そして、ドイツビールがうまかばい。


押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

「白樺山荘」羊が丘店(札幌ドーム近く)

札幌ドーム近くにある「白樺山荘」。駐車場に警備員までいるくらい混んでいるのだ。
駅前のラーメン共和国で食べたことがあるのだが(カテゴリー「食べたり飲んだり』の「白樺山荘 札幌ら〜めん共和国店(札幌エスタ10F)」参照)、他の家族員は「こんなに混んでいるのはよほどのことだ」とうるさいのでお邪魔した。

035.JPG
入口。白樺の木が整列してのお出迎え。

032.JPG
店内。白樺さんがこんにちわ。

033.JPG
アルミの容れ物は茹で玉子の殻入れ。

030.JPG
ここでも茹で玉子食べ放題。

034.JPG
味噌ラーメン。黒いのはきくらげ。チャシューがあまり美味しくない・・・と思う。


家族全員が一様に「まずいと思う」ここは有名人気店なんですけど・・・。ちなみに、バイト先Hのラーメン好きは「ここは美味しい」と高評価である。

皆さんはご自分の舌で確認して下さいね。


押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 18:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べたり飲んだり。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

浜益温泉、増毛、留萌。

雪はほとんどない。
浜益、増毛、留萌とドライブに行く。助手席に座るのは母である。最近は、キャラメルコーンに凝っているようで、今日もバッグに忍ばせている。

057.JPG
残雪の向こうは美しい海が広がる。

061.JPG
「♪アイヤー アイヤー 留萌 滝川 稚内♪」by北島三郎『風雪ながれ旅』

063.JPG
大きく広がる海を見ているとほっとするのだ。


留萌から引き返し、浜益町で温泉に入ることにした。昔に一度だけ来たがしばらく来ていなかった「浜益温泉」である。

067.JPG
透明な温泉で、筋肉痛に一発で効く。残念なのは、この日はまだ露天風呂がやっていなかったこと。GWから大自然の中で入浴できるらしい。また、来なければ。


そして、温泉を出れば・・・
069.JPG
大きな太陽が沈もうとしているではないか。

074.JPG
日本海へ沈む太陽。

077.JPG
濃いオレンジの太陽がぐんぐんと海に吸い込まれていくようだった。

そうして、ドライブは終わるのであった。

押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道はお好きですか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

雪あらしの反撃。

朝一番の挨拶から女ボスは機嫌が良い。
「昨日はごめんなさいねぇ。ありがとうございましたっ!」と意味不明ではあるが、問題ないことを最大限に表現しているのだ。


実は私は金曜日のうちに、札幌支店に電話をかけていた。担当者もわかっていたようで、「少しでも歩み寄っていただければという気持ちで(女ボスは)話した」と言ったので、「2か月近くも正規雇用となる次の職場に勤務させずに、アルバイト雇用を継続させるのは道義的にも法的にも問題ではないか」と話し、当然だが4月末での退職の確認を終えていたのだ。


電話を掛けるのは迷った。女ボスの立場がまずくなっては困るだろうという配慮とまだ勤務している会社でなにかと居づらくなるには嫌だという自己防衛からだ。しかしこのままだと、女ボスは、辞めてもいいがもう少しいてほしいと言い続け、書類も(退職に際して書かねばならない書類があるが、それはボスしか出せないようになっているのである)先延ばしにするだろう。


朝一番の挨拶の後、女ボスから呼び出しを受けた。
女ボスの話の前に、私は電話をした詫びをし、改めて4月末で退職したいこと、これまでお世話になり女ボスには感謝していること。今後もなんらかの形で手伝えることがあれば、ビジネスとしてお付き合いしたいことを伝えた。


女ボスは一貫して低姿勢であったが、席を立つ時に言った。
「雪あらしさんは強いですね」

私は静かに答えた。
「あなたの方が強いですよ」


女ボスがどうして強いかは、また機会があれば。


023.JPG
長沼町途中の原野。今年3月撮影。



押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

女ボスの攻撃。

今日は、お休みの日。
溜めていた写真をアップしようと思っていたら、女ボスから携帯電話があった。


女ボス「やはりですね、こちらに5月一杯まで在籍してもらえるように、就職先にお願いして下さい」声が硬質でストレスフルな感じである。


雪あらし「5月一杯ですか?一か月以上、二か月に近いですね」


女ボス「そうです。それが無理ならば、5月7日まででいいです」


雪あらし(むむ・・・今度は5月7日?)「それは、女ボスさんのお考えですか?」


女ボス「いえ、本社からです!」


5月7日であれば、退職願を出した日から一か月後である。ケアマネという業務上(私の存在で加算が取れるのだ)、確かに1カ月を切ったのは実に申し訳ないが、契約書には「退職願を提出後14日に達したとき」退職できるとなっている。民法でも2週間前に退職届を出せば辞められることになっているのだ。さらに、取り交わした契約書を読み進めると「退職届け提出後14日経つと業務に服す必要はない」と書かれていた。


が、あまりことを荒立てたくないのである。どうも、私の勘では、女ボスが一人で頭に来ているようにも思うのだ。


あぁ、面倒臭いなぁ。


明日の土曜日は女ボスは珍しく出勤である。朝一番にクールに決めなきゃならない。


あぁ、面倒臭いなぁ。静かに辞めたいなぁ。


026.JPG
長沼町の牛たち。今年の3月に撮影。



押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

4月になりました。

面接の件だが、先週の土曜日夜に電話で、昨日郵便で内定通知をもらった。


二つのバイト先の上司に伝えたわけだが、


男ボスは薄い顔を更に薄くしていた。さらば、男ボス!
この勤務先は、本当にだらしのない人たちが集う妖しい場所だった。時給が良いのに、これといった仕事もなく、あまりの暇さ加減に真面目一本の同僚は呆れて辞め、残った私は時には良心の呵責に苛まれた。が、それも始めのうちで、こんな楽ちんな職場もない!と流される毎日だったのだ。


さてHの女ボスは、「いつかはこんな日が来るとは思っていたけれど、早すぎる。もっと一緒に仕事したかったのに」と嘆いてみせたが、だんだんむかついたのだろう。時間を追うごとにすっかり冷たい感じになっている。許せ、女ボス!ここでも、充分な報酬をもらっていた私だ。そして、ここで働く仲間とは今後も付き合っていけそうな良好な関係を築けた。


と書けば、ハッピーな感じだが、この結果が良かったのか悪かったのかは、まだまだ先に行ってみないとわからないのココロなのだ。


038.JPG
冬に撮影した写真。Hに来た屋台のラーメン屋さん。便乗して味噌ラーメンを食べた。ご馳走さまでした。


押してくれてありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村
posted by 雪あらし。 at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 生きるために仕事をするのだ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。